ル・マン24時間レース
2019年のル・マン24時間レースの予選1回目が6月12日(水)にサルト・サーキットで行われ、トヨタ TS050 HYBRIDの7号車が暫定ポールポジションを獲得した。

2時間の予選1回目は現地時間午後10時から行われ、ナイトセッションで実施された。ル・マン24時間レースは、3回の予選セッションが行われ、それら予選3セッション中の最速ラップタイムで決勝のスターティンググリッドが決定する。

予選1回目ではトヨタが速さを見せる。最速タイムはトヨタ 7号車(小林可夢偉/マイク・コンウェイ/ホセ・マリア・ロペス)。小林可夢偉が3分17秒161を記録して暫定ポールポジションに躍り出た。

だが、マイク・コンウェイがアタック中にスピンしたドラゴンスピードのLMP2カーと遭遇。すでに高速でコーナーへと侵入していたコンウェイは避けることができず、マシンは宙を舞った。幸いにも両ドライバーに怪我はなかったが、セッションは45分間の中断となった。

2番手タイムはSMPレーシング BRエンジニアリングBR1・AERの17号車が3分17秒633で続いた。

トヨタ 8号車(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/フェルナンド・アロンソ)は4番手となる3分19秒632で予選1回目を終えた。

2019年 ル・マン24時間レース 予選1回目 結果
順位No.ドライバー名チーム/車種ベストタイム
17小林可夢偉
マイク・コンウェイ
ホセ・マリア・ロペス
ブレンドン・ハートレー
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
3’17.161
217ステファン・サラザン
イゴール・オルトツェフ
セルゲイ・シロトキン
SMPレーシング/
BRエンジニアリングBR1・AER
3’17.633
33ナタナエル・ベルトン
トーマス・ローレン
グスタボ・メネゼス
レベリオン・レーシング/
レベリオンR13・ギブソン
3’19.603
48中嶋一貴
セバスチャン・ブエミ
フェルナンド・アロンソ
ブレンドン・ハートレー
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
3’19.632
510ヘンリク・ヘドマン
ベン・ハンリー
レンジャー・ヴァン・デル・ザンデ
ドラゴンスピード/
BRエンジニアリングBR1・ギブソン
3’20.200
61ニール・ジャニ
アンドレ・ロッテラー
ブルーノ・セナ
レベリオン・レーシング/
レベリオンR13・ギブソン
3’20.297
711ミカエル・アレシン
ヴィタリー・ペトロフ
ストフェル・バンドーン
SMPレーシング/
BRエンジニアリングBR1・AER
3’20.934
84オリバー・ウェッブ
トム・ディルマン
パオロ・ルバーティ
バイコレス・レーシング・チーム/
エンソ・CLM P1/01・ギブソン
3’25.246


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ル・マン24時間レース