2019年 ル・マン244時間レース
FIA世界耐久選手権(WEC)2018-2019年スーパーシーズンを締めくくる第8戦『第87回 ル・マン24時間レース』が6月15日・16日にフランスのサルト・サーキットで行われた。

総合優勝はトヨタ TS050 HYBRID 8号車(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/フェルナンド・アロンソ)。残り1時間でトップに立って中嶋一貴が駆る8号車は、ル・マン24時間レースを2連覇するとともに、WEC 2018-2019年スーパーシーズンのドライバーズチャンピオンを獲得した。

2位には、トヨタ TS050 HYBRID 7号車(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス)が続き、1-2フィニッシュを達成。TOYOTA GAZOO Racingは2014年以来となる、マニュファクチャラーとドライバーの両タイトルを獲得した。

LMP2クラスは、シグナテック・アルピーヌ36号車が優勝。クラスチャンピオンに輝いた。

LM-GTE Proクラスは、AFコルセ51号車ッフェラーリが優勝。2位はポルシェ91号車、3位にはポルシェ93号車が入り、チャンピオンはポルイェ92号車が獲得した。

LM-GTE Amクラスはのポルシェが争っていたが、KEATING MOTORSPORTS 85号車 フォードGTがクラス優勝。TEAM PROJECT 1 56号車 ポルシェがクラスチャンピオンを獲得した。

2019 Le Mans 24H - HIGHLIGHTS from 12AM - 1PM (GMT)


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ル・マン24時間レース | WEC (FIA世界耐久選手権)