ランド・ノリス 「ピアストリの加入はマクラーレンF1に再び火をつける」
ランド・ノリスは、2023年にオスカー・ピアストリの加入を歓迎し、マクラーレンF1チームに「再び火をつける」と信じていると語った。

オスカー・ピアストリは、2023年にダニエル・リカルドの後任を務める。リカルドは契約満了の1シーズン前にマクラーレンF1チームと退団することになった。

しばらくの間、最も期待されているF1ルーキーの 1 人であるオスカー・ピアストリは、アルパインF1チームのジュニア プログラムの一環としてここ数年を過ごしてきた。

彼の将来は奇妙な論争の対象となり、アルピーヌとマクラーレンの両方が2023年に有効な契約を結んでいると主張した

契約承認委員会がマクラーレンに有利な判決を下したことで、チームはランド・ノリスのパートナーとしてオスカー・ピアストリを正式に発表することができた。

オスカー・ピアストリはF1でのランド・ノリスの3人目のチームメイトとなるが、ノリスはチームに「新しい」誰かが入ってくることはマクラーレンF1チームにとって良い前兆になるだろうと語る。

「また新たなドライバーと一緒に仕事ができることに興奮しているし、僕にとっては常に良いことだ」とランド・ノリスは語った。

「新しい人から学べるのが楽しみだ。彼からは学べることはたくさんある。彼はアルピーヌのクルマでかなりの時間を過ごしてきた」

「少し異なる状況になると思うけど、それほど変わるとは思わない。すべてがやり直されるわけではなく、物事を別の方法で見なければならない」

「チームは、僕の話を聞き、僕が車に何を望んでいて何を望んでいないかを理解してくれている。今は良いポジションにいると感じているし、それは来年も続くだろう」

「アルピーヌとの仕事やチャンピオンチームであるレッドブルとの仕事の経験を積んだダニエルの追加がなくなるだけだ。それが唯一の欠落だ」

「でも、僕たちはフレッシュな誰かを獲得する。それは常にチーム全体に少し再び火をつける」

オスカー・ピアストリは、ルーキーF1キャンペーン中に多くの新しいサーキットで戦うことになりますが、ランド・ノリスは彼がその特定の課題を克服すると考えている。

「そうだね、彼にとって新しいサーキットはかなりの数がある。彼がテストを行ったときに、どこでテストしたかは分からない」とランド・ノリスは語った。

「彼はかなりの数のサーキットを走っている。F2でさえ、アブダビ以外、国際的なものを除いて、最後のストレッチでかなりの数のサーキットを走っている」

「それは挑戦だと思う。すべてのドライバーが最初の年に直面する挑戦だ。2019年にカルロス(サインツ)と対戦したけど、彼(ピアストリ)は良いドライバーだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン / オスカー・ピアストリ