マクラーレンF1のランド・ノリス 「アップデートではなく同じレベルの別の車」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、今週末のシンガポールグランプリに向けて、金曜日のマリーナ ベイ ストリート サーキットでのフリー走行で苦労した。

ランド・ノリスは最初の 1 時間のセッションで 19番手だったが、彼は MCL36 で新しいスタイルのサイドポッドを試し、その一部はチャンピオンシップ リーダーであるレッドブルのアプローチをモデルにしていた。

彼のチームメイトであるダニエル・リカルドは、今週末にアップグレードを行うことができず、FP1 から 12番手で浮上し、ランド・ノリスより 1 秒速かった。

しかし、その後のプラクティスでは状況が少し異なり、ランド・ノリスは 11番手に挽回し、ダニエル・リカルドは 1.2 秒差で 18番手に後退した。

しかし、どのように見ても、残り6レースでコンストラクターズ選手権でアルピーヌF1チームと4位を争っているチームにとって、今日は素晴らしい日ではなかった。

アルピーヌは最近のレースで好成績を残し、現在マクラーレンを18ポイントリードしている。フェルナンド・アロンソとエステバン・オコンは、両方のセッションでトップ 10 に入っていた。

「タフになりそうだね」とランド・ノリスは、金曜日のトラックアクションの終了後に認めた。

「僕たちはアルファロメオに離れされているし、アルピーヌからはかなり離されている」

ランド・ノリスは、マクラーレンにとって「よりタフな週末の1つに見えた」ことを認め、「残念だが、それが現実だ」と付け加えた。

「僕たちはそれを最大限に活用し、今週末に得たマシンとパフォーマンスでベストを尽くし、プッシュし続ける」

「今のところできることはそれだけだ。明日に向けていくつかの小さなことを見つけられることを願っているし、まだそこに行くことができるだろう。ただ、いつものように簡単には見えない」

最新のアップグレードの影響について、ランド・ノリスはマシンが以前のレースと同様のレベルにあるように感じたと語った。

「昨日メディアに言ったように、これはアップグレードではなく、非常に似たレベルでパフォーマンスを発揮する別の車だ」とランド・ノリスは説明した。

「今日、大きな一歩を踏み出すことや、より速く走ること、より競争力があるように見えることは期待していなかった」

「今後、来年に向けてさらに多くのロックを解除できる車であることを願っている。これは短期的なものではなく、長期的なものだ」

「何も驚くべきことではなかったのは良いことだ。うまく機能しており、僕たちが期待していたように、それについて学び、明日のためにいくつかの小さなことのロックを解除しようとしているだけだ」

新しいアップグレード コンポーネントを製造する時間がなかったため、ダニエル・リカルドは今週末、これまでスペックで出場しなければならない。

「間違いなく難しい日だった」とダニエル・リカルドは語った。

「今日は明らかにスピードを引き出すのが非常にトリッキーだったので、今夜は確かに少し仕事が必要だった」

「もちろん、これはプラクティスに過ぎないけど、今夜はいくつかの変更を加えて、どこにあるかを把握しよた。でも、確かに少し苦労していた」

「FP2に向けていくつかの変更を行ったが、明らかに有益ではなかった」

ダニエル・リカルドは以前、今シーズンで契約を1年早く終了する決定を下した後、チームが彼を新しいアップグレードから締め出しているという提案を却下していた。

「時間とリソースがあれば、最終的には両方とも日本で手に入れることができる。でも、今週末は彼だけだ」とダニエル・リカルドは語った。

「その多くは2023年に向けた開発でもあるので、ほぼその通りだ。2023年を見据えたパーツが1つあるとすれば、おそらく彼はそれを手に入れることなることは理解している」

「もちろん、彼は来年ここにいるけど、僕はそうではない。チームにフィードバックを与え、来年の方向性を明らかにするために、彼がもう1つの週末を得ることが最終的な理由だ」

「今週末、彼がアップデートを入手するけど、僕が知る限り、日本では僕も彼とまったく同じものを持っているだろう」

「もちろん、前進だし、他にもあるかもしれない…でも、これが最後のアップデートだと思う。シーズン最後まで日本と同じもので戦うことになると思う」

「繰り返しになるけど、2023年を視野に入れたパーツが1つあるとすれば、おそらくそれが彼が手にいることになるだろう。でも、おそらく違いがあるのは今週末だけだと思う」

ランド・ノリス マクラーレン F1 シンガポールグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン