F1:ランド・ノリス、自身と交際相手にSNSで殺害予告「彼女を守りたい」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、彼自身と交際相手のルイシナ・オリベイラが、ソーシャルメディアで“かなり恐ろしい”誹謗中傷、さらには殺害予告の標的になっていると明かした。

F1で最も人気のある若手ドライバーの1人として、ランド・ノリスはソーシャルメディアで多くのフォロワー集めているが、成功には欠点もある。今日のデジタル時代では、フォロワーの全員が心からノリスのことを思っているわけではない。荒らしはしばしば出番を待っており、なんでも叩こうと待ち受けている。

ランド・ノリスはアンチな人たちに対処することを学んだが、彼らが私生活や交際相手のルイシナ・オリベイラのような愛する人を標的にするとき、オンラインでの誹謗中傷はもはや些細な問題ではない。

「物事の非常に大きく変えてしまう可能性がある」とランド・ノリスはThe Sunに語り、直接的または間接的に受ける脅迫と、彼の交際相手がどのように巻き込まれているかについて言及した。

「私の私生活、私と私のガールフレンド、特に現在のルイシナに捧げられた憎悪のページの量はかなり恐ろしい」

「それらはInstagramやTwitter上が主なものだ。F1とはまったく異なる人生から来た場合、それは最大のコントラストだし、簡単なことではない」

「普通の生活を送っていたのに、突然たくさんのフォロワーがつくと、彼女は自分の言うことやすることにもっと注意を払わなければならなくなる」

「レースでは、もう少しゆっくりと経験して、それに適応することを学ぶ。F4からF3、そして、F2といった具合にね。F1は大きな一歩だけど、彼女はこれまでレースを見たことがなかった。そして、突然その脚光を浴びること、彼女へのコメントの量には経験としては非常に困難だ。僕は彼女を守りたい」

ランド・ノリスは、荒らしやアンチの人々に対処することは、本当に嫌いな彼の仕事の側面であることを認める。

「多くのコメントは、僕のドライビング、異なるドライバーが異なる扱いを受けているといった告発に関係している」とランド・ノリスは説明した。

「僕が英国人であり、英国のチームで運転しているという理由だけで、誰もがそれには常に偏見があると考えている」

「それから、僕がチームのラジオで言うことについてもそうだ。僕がいつも不平を言っているように聞こえるみたいだし、それは本当に嫌いだ。普通の質問をしているだけだけど、少し速く呼吸しているので、いつも私が不平を言っているように聞こえるようだ」

ランド・ノリスは、個人を晒さずに、コンピューターの後ろで誹謗中傷することに時間の大部分を浪費する人々のために頭を悩ませることができないと語る。

「ある意味で最もおかしなことは、人々は実際に地球上で一生を過ごしているのに、コンピューターの後ろに座って誰かを破壊して、いじめようとしていることだ」とランド・ノリスは語った。

「人々が偽のページや偽のチャット、偽のWhatsAppメッセージを作成しているとき、僕は「そんなことをするために人生を費やしてどうするの?」と思う。彼らは彼らの人生を無駄にしている」

「許すことはできない。僕は自分が見たものを報告しているけど、非常に多く、それらすべてを調べる時間はない」

「僕はレースをしたり、世界中を旅したり、新しい人々と出会い、体験を生み出したりしたいと思っている。彼らはコンピューターの後ろ、寝室にいる」

「彼らが自分たちの生活でそうすることを選んでいるのは笑えることだと思う」

ランド・ノリス F1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン