ランド・ノリス、“究極のF1ドライバー像”の1つの個性に角田裕毅を選択
マクラーレンのF1ドライバーであるランド・ノリスは、ファンから5名のF1ドライバーを組み合わせて“究極のF1ドライバー”を作ることを求められ、そこに意外にも角田裕毅を入れた。

現在のF1フィールドは長年にわたって最も競争力がある。24歳のランド・ノリスもその一人であり、将来のスターとみなされている若いドライバーのグループにくくられている。

その世代には、現役ワールドチャンピオンであるマックス・フェルスタッペン(24歳)がおり、今年、初のF1ワールドチャンピオンを達成するために素晴らしいポジションにいるフェラーリのシャルル・ルクレールも24歳だ。

そこに、ジョージ・ラッセル、ピエール・ガスリー、カルロス・サインツといったドライバーがF1の明るい未来を形成するドライバーとして語られ、その一方で、ルイス・ハミルトン、フェルナンド・アロンソ、セバスチャン・ベッテルといった合計で13回のF1ワールドチャンピオンを獲得したベテラン勢がいる。

ルイス・ハミルトンとフェルナンド・アロンソは、今年、メルセデスとアルピーヌをそれぞれタイトル争いに押し上げることを目指している。

ランド・ノリスは、“究極のF1ドライバー”のうちの1人から自分自身を外して5名のドライバーを選択。シャルル・ルクレールのための場所はなかった一方で、5人目最後の選択として意外にも角田裕毅を指定。なぜ、彼を選択したのか説明した。

「過去ではなく現在のドライバーで選ぶよ」とQuadrant YouTubeチャンネルでF1ファンのQ&Aに応えたランド・ノリスは語った。

「ルイス(ハミルトン)はそこに入れたいし、マックス(フェルスタッペン)も入れたい、僕はフェルナンド(アロンソ)が大好きだし、カルロス(サインツ)と角田裕毅の要素もちょっとほしいね」

「裕毅はラジオの悲鳴が少し好きなので、純粋なエンターテインメントのためだけに裕毅をそこに入れた」

「シャルル(ルクレール)は外させてもらった。申し訳ない。でも、他の人たちからを組み合わせると、ほぼ無敵のドライバーになると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン / 角田裕毅