マクラーレンF1のランド・ノリス 「カルロス・サインツの影から抜け出す必要があった」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、2021年が以前のチームメイトであるカルロス・サインツが自分を覆った“影”から抜け出さなければならないシーズンだったと認める。

ランド・ノリスは、F1キャリアの最初の2シーズンでマクラーレンF1でカルロス・サインツとチームメイトであり、マクラーレンがコンストラクターズチャンピオンシップで3位を獲得した2022年に友好的な関係はピークを迎えた。

その後、2021年にカルロス・サインツはフェラーリF1に移籍し、マクラーレンF1にはダニエル・リカルドが加入。7回のレースウィナーと直接比較されることは理論的にランド・ノリスにとって手ごわい相手だと考えられた。

ダニエル・リカルドの勝利数はF1イタリアGPで8回となったが、ランド・ノリスは22戦で4回の表彰台を含めた20回の入手を果たし、チームメイトを45ポイント上回った。

それはダニエル・リカルドがMCL35Mに適応するのに苦労したことも一因だったが、ランド・ノリスは、カルロス・サインツがマクラーレンでどれほど優れていたかを示しているとも感じている。カルロス・サインツは、ランド・ノリスを2019年に47ポイント、2020年に8ポイント上回っていた。

「カルロスは最高のF1ドライバーの1人だと思う。それに、彼が非常に優れたドライバーであるため、僕はあまり見栄えが良くなかった。彼は非常に良い仕事をしていた」とランド・ノリスはMotorsport-total.comに語った。

「彼が素晴らしい仕事をしていたので、僕は彼の影に少し隠れていたと思う」

カルロス・サインツは、フェラーリF1に移籍した初年度に、やや意外なことに高く評価されているチームメイトであるシャルル・ルクレールよりも多くのポイントを獲得することになった。

カルロス・サインツは、2年連続でチームがコンストラクターズ3位を獲得するのに貢献した。

ランド・ノリスは、カルロス・サインツはタイトルに挑戦するのに十分な速さでマシンに乗ったことがないため、ふさわしいクレジットを獲得できないと考えている。

「今ではますます多くの人々が彼の能力に気づいている」とランド・ノリスは語る。

それでも、カルロス・サインツがフェラーリに移籍せずに、マクラーレンに留まっていたとしても、ランド・ノリスは、自分自身の改善は「彼より少しでも良くなっただろう」と感じていると付け加えた。

ランド・ノリスは、ダニエル・リカルドが新しいチームメイトとして到着したとき、劣等感を感じなかったと主張する。

「彼が(マクラーレンに)来たとき、緊張していなかった」とランド・ノリスは語った。

「彼はいくつかのレースに勝っているので、多くの人がおそらく『彼が来た」と思っていたかもしれないけどね」

「ダニエルはレースに勝ったマシンに乗っているので、誰もがダニエルの能力を知っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン / カルロス・サインツJr.