ランド・ノリス 「将来フェラーリF1に移籍する可能性は閉ざさない」
ランド・ノリスは、将来フェラーリF1に移籍することにオープンであり、10年後くらいに赤いレーシングスーツを着ている可能性もあり得ると語る。

マクラーレンF1のランド・ノリスは、現時点で最も評価の高い若手ドライバーのひとりであり、素晴らしい2021年シーズンを過ごしている。その強力ナパフォーマンスにより、今年初めてに契約は延長され、少なくとも2023年まではマクラーレンF1に残ることになっている。

だが、その時点でランド・ノリスはまだ24歳であり、フェラーリF1を含めたすべてのチームにとって非常に魅力的な獲得候補になるだろう。

ランド・ノリスは、いつの日かフェラーリF1に移籍する可能性を閉ざしておらず、モンツァでのファンのサポートを称賛した。

「現時点では、僕は今いる場所に満足しています」とランド・ノリスは gazzetta.it に語った。

「マクラーレンとの契約を延長したところだし、彼らとドライバーとコンストラクターの両方で世界選手権に勝ちたいと思っている」

「でも、10年後にどうなるか分からない。イタリア人のファンはたくさんいるし、モンツァでは、ホテルの外やサーキットで僕のことを待っていてくれて、素晴らしい暖かさを感じることができた」

現在、フェラーリF1のドライバーを務めるのは、ランド・ノリスの元チームメイトであるカルロス・サインツだ。

二人はマクラーレンでチームメイトとして一緒に過ごした2年間で強い関係を築き、親しい友人になった。

カルロス・サインツがフェラーリF1に移籍し、ダニエル・リカルドが新たなチームメイトとして加入した。

ランド・ノリスは、主にダニエル・リカルドが年上であることもあり、カルロス・サインツとは関係とは非常に異なっていると語る。

「ダニエルはカルロスとは大きく異なる。彼は6歳年上だからね」とランド・ノリスは語った。

「僕はレースが好きで、シミュレーターやゴルフでもお互いに非常に競争的だったこともあり、カルロスと友達になった。僕たちは同じものが好きで、仲良くなるのは簡単だった」

「ダニエルとは違った関係だけど、彼は本当に皆さんがテレビで見るのと同じ人だ。彼はとても親切で、僕たちは一緒にたくさんの楽しい瞬間を過ごしている」

「彼は素晴らしいドライバーであり、彼から多くのことを学んでいる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / フェラーリ / マクラーレン