ランド・ノリス 「4番グリッドを獲得できそうだったので残念」 / マクラーレン F1ポルトガルGP 予選
マクラーレンF1のランド・ノリスは、2021年のF1世界選手権 第3戦 F1ポルトガルGPの予選を7番手で終えた。

「今日にはそれなりに満足している。グリッド上であといくつか、たぶん3つはポジションを上げて4番手になっていた可能性もあるので、ちょっと残念だけどね。自信をもってそう言える」とランド・ノリスはコメント。

「Q3の新品タイヤでの2ラップ目は最終コーナーの立ち上がりで目の前で別のマシンが後退してきて、かなり速い段階でラップを中断せざるを得なかった。フラストレーションを感じた」

「それを除けば、今日のパフォーマンスには満足している。マシンはいい感じだった。運転するのはトリッキーだけど、速い。それでも7番手なのは驚きだし、満足している。間違いなくポジティブな点があったし、明日のレースで何ができるか見てみよう」

関連:F1ポルトガルGP 予選:ボッタスがPP獲得でメルセデスF1が1列目独占

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン / F1ポルトガルGP