マクラーレンF1のランド・ノリス 「フェラーリのペースはショックではない」 / F1エミリア・ロマーニャGP 金曜フリー走行
マクラーレンF1のランド・ノリスは、F1エミリア・ロマーニャGPのための金曜日のプラクティスセッションでフェラーリが見せた印象的なペースは“ショックではない”と語る。

ランド・ノリスは、2021年のシーズン開幕戦のF1バーレーンGPを4位でフィニッシュし、マクラーレンがレッドブル・ホンダとメルセデスに次ぐ3番目に速いチームであることを確認した。

だが、イモラでは、フェラーリのシャルル・ルクレールとカルロス・サインツの両方がトップ6内で両方のプラクティスセッションを終了し、大きなアドバンテージを持っているようだ。対照的にマクラーレンはペースに苦戦し、ランド・ノリスはFP2を全体で8番手タイムで終えた。

イモラでのフェラーリの印象的なペースの変化について、ランド・ノリスは、SF21がバーレーンのコーナーでうまく機能したかを考えれば予想外ではないと語った。

「バーレーンでは、すべてではないが、ほとんどのコーナーで僕たちよりも間違いなく速かった。でも、ここではとても速く見える」とランド・ノリスは Sky Sports に語った。

「予想外だったとは思わない。予想より少し速いかもしれないけど、彼が先行するレースもあれば、僕たちが先行するレースもあることはわかっていた」

「現時点で、大きな改善をもたらしたチームが1つあるとすれば、それはフェラーリだ。だから、それは驚きではない。予想よりも少し速いかもしれませんが、ショックではない」

マクラーレンは、昨年のイモラでのペースに苦戦し、ルノー、アルファタウリ、レーシング・ポイントに純粋なパフォーマンスで劣っていた。

マンド・ノリスは、マクラーレンがバーレーンよりも競争力が低いと予想されていることを受け入れている。

「バーレーンほど簡単にはこのコースに落ち着いていない」とランド・ノリスは付け加えた。

「少し難しいけど、ある意味で去年の状況から予想はしていた。バーレーンと比べて少し苦労しているけど、クルマがもっとうまく走るトラックもいくつかあるはずだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン / F1イタリアGP