伏兵ランド・ノリス、自らも驚きのキャリアベストの予選4番手 / マクラーレンF1 オーストリアGP予選
マクラーレンF1のランド・ノリスは、2020年の開幕戦オーストリアGPの予選でキャリアベストの4番グリッド獲得。1発の速さでレーシング・ポイントF1を倒せるとは期待していなかったと語った。

ランド・ノリスは、隠れた予選のスターとなった。2台のメルセデスF1、そして、レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンに次ぐ、2列目4番グリッドにマクラーレン MCL35を並べた。

F1キャリア最高の予選結果を振り返ったランド・ノリスは「本当にいい気分だ。僕のベストリザルトだしね。こんなに良い結果は期待していなかった」とコメント。

「トップ6さえ期待していなかったのは確かだ。ピンク色のクルマは週末を通して本当に強そうだったので、僕たちのかなり先を行くと思っていた。自分でもショックを受けている。チームは自分たちのことに集中し続け、一歩ずつ進めていたので、とてもうれしい」

実際、ランド・ノリスはライバル勢の強力なペースを考えれば、マクラーレンF1は11番手と12番手でも満足していただろうと語る。

「クルマのペースがいいことはわかっていた。週末を通して、かなり自信を持っていたけど、このような結果を期待していなかったのは確かだ。僕たちは11番手や12番手くらいでもそれなりに満足できると考えていた。それが3番手にとても近づくことができた。最終的に、僕のベストポジションである4番手になれた。1つや2つのポジションではない。本当にうれしいよ」

「当然、予選としてはシーズンの非常に良いスタートだけど、チームとして明日の仕事を確実に終える必要がある」

関連:F1オーストリアGP 予選 結果:バルテリ・ボッタスがポールポジション

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン / F1オーストリアGP