【ライブ配信】 F1:ランド・ノリスが課題に挑戦 #ChallengeLando
F1は、新たなeスポーツイベントを開催。『F1 Esports Virtual Grand Prix』で一躍人気者となったマクラーレンのF1ドライバー、ランド・ノリスが課題に挑戦する『#ChallengeLando』を開催する。

ランド・ノリスには様々な課題が科せられ、最終的にファンを相手に1988年のF1日本GPでのアイルトン・セナが達成した14番手から優勝という驚異的なレースをF1公式ゲーム『F1 2019』で再現することを目指す。


ランド・ノリスには4つのチャレンジが科せられ、合計15ポイントを獲得を目指す。

Challenge 1 – Pro-Am Race Off: 有名人との8分間のレース。ノリスは、ゲームに専念するために少なくとも48時間の準備時間があった有名人と対決する。ランド・ノリスが有名人に勝てば2ポイントが与えられる。

Challenge 2 – Young Pretender: 8分のレースで、ランドはF1への道を進んでいる新進気鋭のジュニアと競う。二人ともAIレーサーで埋まったグリッドの後方からスタート。ノリスがジュニアレーサーよりも先にフィニッシュできれば、3ポイントが与えられる。

Challenge 3 – Race Off / Face Off: F1または別のシリーズの別のプロレーサーと対決。ここでは、4ポイントが与えられる。

Challenge 4 - Lando's Challenge: 一般のファンが残りのグリッドを占領する。ランド・ノリスは鈴鹿で14位からスタートしてレースに勝つ必要がある。アイルトン・セナは1988年にポールから14番手に後退し、タイトルを獲得するために戦う必要があった。その中で(1)2周目の終わりまでに8番手、(2)4周目の終わりまでに4番手、そして、(3)少なくとも13秒差でレースに勝つことが含まれる。レースに勝てばランド・ノリスに3ポイントが与えられ、他の課題をそれぞれ達成れば1ポイントが与えられる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン