F1 ランド・ノリス マクラーレン
ランド・ノリスが2019年のマクラーレンのレギュラードライバーとしての仕事を開始。以前の他のドライバーを前提としたサポート的な役回りではなく、自分のために作業をするというアプローチにF1デビューを実感していると語った。

マクラーレンの育成ドライバーであり、2018年にリザーブドライバーに就任したランド・ノリス(19歳)は、複数回のテスト走行、今シーズンは7回のフリー走行で経験を積んできた。

しかし、2019年のレースドライバーの座を獲得した今、科せられる要求や作業へのアプローチは非常に異なるものになったと語る。

F1アブダビテスト初日に136周を走り込んだランド・ノリスは「ちょっと違った感覚だった」と認める。

「プレッシャーが多くなったわけではないけど、もっと考えたり、知っていかなければならない。今は気帆hン的に多くのことがおyり自分の利益のためだとわかっているし、実感している」

「実際、来年もっと多くの恩恵を受けるだろうことがあった。FP1で走っていたし、やっていることは全て同じだけど、すべてが助けになるだろう。チーム、エンジニアとの作業は、フェルナンドやストフェルのためではなく、より僕の周りをベースとしたものになっている」

「だから、間違いなくちょっと違った感覚だ。他の人のことはそれほど重視しなくていいし、自分のためにベストとなることに重視している」

ランド・ノリスは、F1アブダビテストで感じだ自分のフィットネスレベルの改善にも満足していると語る。

「去年ここでテストをしたときは少し苦労していたし、周回数を減らしたことを覚えている」とランド・ノリスをコメント。

「100周にさえ達していなかったと思う。だから、そうだね、僕の最多ラップだった。マクラーレンの最多ラップについてはわからないけど、1日で自分が走った最多ラップだった。だから、いい感じだったよ」

「必要としていた多くのことを消化することができた。ロングランはあまりやっていたなかったしね。フィットネス面がそれほど悪くなかったのも意外だったね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン