F1 ランド・ノリス マクラーレン
マクラーレンは、今週末のF1イタリアGPでもランド・ノリスを再びフリー走行1回目で走らせる。

今季マクラーレンのリザーブドライバーを務めるランド・ノリスは、2019年のドライバー候補に挙げられており、前戦F1ベルギーGPのフリー走行1回目にフェルナンド・アロンソに代わってMCL33をドライブ。グランプリs週末デビューを果たしていた。

ランド・ノリスは、2019年のカルロス・サインツのチームメイトとしてマクラーレンのドライバー候補に挙げられている。

マクラーレンのスポーティングディレクターを務めるジル・ド・フェランは「彼は素晴らしい仕事をした」とベルギーでコメント。

「彼は新しい状況への素晴らしい適応力を持っている。これまでのテストもそうだったが、ここでもそれを目にした」

「我々は、彼の開発の一部として、低いダウンフォースレベル、コース上により多くのクルマがいる状況、トラックの進化などを実際にされに経験させるために彼をここで走らせたかった」

「それは同じことだった。彼はすぐにスピードアップし、ミスなく素晴らしい仕事をした」

「我々は彼のスキルを伸ばすのを助けるためにモンツァでも走る」

ランド・ノリスがマクラーレンのレースドライバーに昇格するタイミングが現時点では不明だが、トロロッソから引き抜いたテクニカルディレクターの早期契約を実現するためにトロロッソ・ホンダに貸し出すとも噂されている。ランド・ノリスをフリー走行で走らせることは、彼の才能を紹介する意図もあると考えられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン / F1イタリアGP