ランス・ストロール 「ウィリアムズとレーシングポイントは別カテゴリー」
ランス・ストロールは、2019年のウィリアムズから移籍したレーシングポイントは“はるかに競争力が高い環境”だと感じており、まるで別のレースカテゴリーのように感じたと述べた。

ランス・ストロールは、ウィリアムズで2シーズンを過ごしたが、チームはミッドフィールドのライバルと戦うことができず、2018年シーズンを通して後方でのレースを強いられた。

2019年にランス・ストロールは、父親のローレンス・ストロールがオーナーとなったレーシングポイントに移籍。より定期的にミッドフィールドで戦うチャンスを手にして、F1ドイツGPでは4位でフィニッシュ。6回のポイントフィニッシュを達成した。

ウィリアムズとの2年間の後、レーシングポイントのF1マシンへの対応について質問されたランス・ストロールは、両方のチームと各シーズン感の進歩を考えれば“異なるカテゴリー”のように感じたと述べた。

「F1は常に変化している。タイヤは毎年変更になり、経験が増して、新車が開発される。来年はチームにとって本当にエキサイティングな1年になると思う」とランス・ストロールはコメント。

「今年は、フォースインディアからレーシングポイントに移行に伴い、2018年に行われたすべてのことに多くの課題があった。今年はそれによって劣勢に立たされてしまったと思う」

「来年は、僕たちが冬の間に何ができるか、メルボルンに登場したときにどれだけ強いかを本当に代表するシーズンになると思う」

ウィライムズとレーシングポイントの主な違いについて質問されたランス・ストロールは「スピードに違いがある。グリッドを目れば、はるかに競争的な環境だ」とコメント。

「ここでは素晴らしいエンジニアのグリープが働いている。僕の周りのスタッフも素晴らしい仕事をしてくれている。来年について本当に興奮しているし、みんながその一員になることにとても興奮している」

「僕たちはすでに2020年を楽しみにしている。やり残した仕事がいくつかある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランス・ストロール / ウィリアムズ / レーシングポイント