F1 ランス・ストロール ウィリアムズF1
ランス・ストロールは、古巣ウィリアムズが現在の危機から脱却できることを願っていると語る。

ランス・ストロールは、父親でカナダの億万長者ローレンス・ストロールの資金で2017年にウィリアムズからF1デビューを果たしたが、昨年末で父とともにチームを去っている。それ以降、ウィリアムズのパフォーマンスはさらに悪化している。

「彼らにとって困難な状況だ。僕は2シーズンをあそこで過ごした。F1はとても難しい環境だ。結果を出すためにはすべての要素を連携させる必要があるし、1つの悪い決定がすべてをバラバラにすることがある」とランス・ストロールは La Presse にコメント。

「僕の口からはあまり多くのことは言えないけど、あそこで起こっていたことに少し似ている」

「彼らにとって間違いなく残念なことだ。ウィリアムズは素晴らしいチームだし、彼らはすぐにこの悪い流れから抜け出すことを願っている」

今年、父親のローレンス・ストロールがフォース・インディアを買収して誕生したレーシング・ポイントに移籍したランス・ストロールだが、今年ここまで4ポイントしか獲得できていない」

「去年と比較して僕の成績が改善していないのは事実だ。でも、その数字を凌駕するくらい残りのチャンピオンシップには自信を持っている」とランス・ストロールは語る。

「このチームは過去に多くのポテンシャルと高いスキルをもった労働力があることを示してきた。今シーズンもマラソンだし、僕たちは進歩し、改善していくと思う。このチームの基盤はしっかりしているので心配はしていない」

ランス・ストロールは、今年のチームの落ち込みの理由は、買収前に財政面がほぼ崩壊していたためだと語る。

「チームは2018年に不安定な財政状態によって悪いシーズンを過ごした」とランス・ストロールは説明する。

だが、ランス・ストロールは過去10戦で予選Q1を突破できておらず、自分自身も予選を改善しなければならないと認める。

「この状況は改善しなければならないことはとても良くわかっている。でも、ギャップはとても小さい。多くの場合、僕はトラフィックに悩まされていた。コンマ1秒が大きな違いになる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ランス・ストロール | ウィリアムズ | レーシングポイント