F1 ランス・ストロール
今年レーシングポイントに移籍したランス・ストロールは、ウィリアムズ時代よりもはるかに楽しい時間を過ごしていると語る。

ウィリアムズで2シーズンを過ごしたランス・ストロールは、父親がフォース・インディアを買収して立ち上げたレーシングポイントに今シーズンから加入。

ランス・ストロールは、レーシングポイントに移籍したおかげでより優れたドライバーになっていると考えている。

「とてもエキサイティングだ。これまでレーシングポイントでの時間を本当に楽しんでいる」とランス・ストロールはコメント。

「素晴らしい移籍だったし、残りのシーズンを楽しみにしている。とにかく異なる環境だし、はるかにいい環境だ。それがコース上にも現れている」

「競争力のレベルはまるで別世界だし、今後うまくやっていくことにハングリーなとても才能のある情熱的なチームだ」

今季、ウィリアムズは昨年以上に苦しんでおり、ランス・ストロールの移籍は大正解だったように思われる。

ランス・ストロールは、これから訪れるであろうチャンスを最大限に活かしたいと語る。

「今はとにかく猛烈な勢いがあるし、それを最大限に活かしたい。そのようなことは前もって計画できないことのひとつだ」とランス・ストロールはコメント。

「すべてのスタートがユニークだったし、まさに自分のシートを狙い撃ちした」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ランス・ストロール