ランス・ストロール F1
ランス・ストロールは、自分がウィリアムズでF1に昇格して以降の多くは批判を嫉妬心が生み出していると考えている。

ランス・ストロール(18歳)のキャリアは、彼の父親でカナダの大富豪であるローレンス・ストロールによる惜しげない資金によって切り開かれたのは周知の事実。

ランス・ストロールは、父の富を最大限に生かし、2015年にイタリアF4でチャンピオンを獲得。2016年にはヨーロッパF3選手権のチャンピオンとなり、今年、F1シートを手に入れた。

ランス・ストロールの勝利の道筋には多くの批判を残したが、その多くはストロールのようにF1に進めなかったドライバーによって生み出されたものであることも事実だ。

「F1にいない人々は、自分がF1にいない言い訳を見つけようとしている」とランス・ストロールは Autosport にコメント。

「F1パドックにいるドライバーはお互いをリスペクトしている。彼らは全員が、F4、フォーミュラ・ルノー、F3で勝つには多くの努力とやらなければならない作業があることをわかっている」

「F1ドライバーがお互いをリスペクトしているのは確かだし、僕たちはここにたどり着くために何が必要かをわかっている。もちろん、ここにいないドライバーは、ほとんどの時間を、ここにいない理由を見つけることに費やしていく」

「だから、普通のことだと思う。それを僕が言う必要はないけど、それが現実だ」

「メディアは嫉妬深い人々や間違った理由で嫌っている人を見つけようとしている。そういうものだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランス・ストロール / ウィリアムズ