F1韓国GP
F1韓国GPの決勝レースは、雨によるコンディション不良で赤旗中断となっている。

雨のためレーススタートは10分延期され、FIAは全車ウェットタイヤ装着によるセーフティカー先導でスタートすることに決定。

しかし、スタート後も状況は改善されず、3周を走行した時点でレースは赤旗中断となった。

路面には水が溜まり、フェルナンド・アロンソはチームラジオで「これまで走ったなかで最悪のコンディションだ」と話すような状態。

現在、全車がグリッドに戻り、FIAがレース再開にむけて議論を続けている。

仮にこのままレース中止が決定した場合、すでに2周を終えているためレースは成立しており、スタートした順位でハーフポイントが与えられることになる。


続報:16時5分からレース再開

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1韓国GP