クリスチャン・クリエン
山本左近に代わり、今週末のF1ブラジルGPではクリスチャン・クリエンがヒスパニア・レーシングから参戦することが明らかになった。

クリスチャン・クリエンは、シンガポールGPでも山本左近と交代したことがある。チームはそのとき、山本左近は食中毒だと述べていた。

そして今週末のインテルラゴスでもクリスチャン・クリエンがブルーノ・セナのパートナーとしてコックピットに座ることになった。

「2度レースをしたことがあるブラジルに行くことに興奮している。前回出走した2005年は、よい結果を出すことができた」とクリスチャン・クリエンは語った。

「サーキットはかなりチャレンジングだし、反時計回りなので、首にきついだろう」

「低速コーナーがたくさんあるし、スタート-フィニッシュラインの長いストレートは高速を出すことができる」

「シンガポールのあと、ここでまたグランプリに出走できる2度目のチャンスを与えられてとても嬉しい。前向きな結果を出してよい週末にしたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: クリスチャン・クリエン | F1ブラジルGP | HRT | 山本左近