クリスチャン・クリエン
ウィリアムズのチーム内でオーストリア色が強まっている。

アダム・パーがウィリアムズを離脱したことで、チームの15%の株式を保有するオーストリア人のトト・ヴォルフがフランク・ウィリアムズの後継者とみられており、実際にチーム内でのトト・ヴォルフの影響力が大きくなってきている。

最近では、トト・ヴォルフがマネジメントを務めるバリテリ・ボッタスがブルーノ・セナと交代するとの噂が浮上。

さらにトト・ヴォルフの妻であるスージー・ヴォルフがチームの開発ドライバーに就任。また、トト・ヴォルフと同じオーストリア出身のアレックス・ブルツがウィリアムズの相談役に就いている。

また最近、2010年終盤にHRTでF1参戦していたオーストラリア人のクリスチャン・クリエンが、グローブのウィリアムズの本拠地でドライバーシミュレーターで多くの時間を過ごしていることが明らかになった。

ORF は、レース週末にクリスチャン・クリエンがシミュレーターでセットアップを評価し、その結果をレースチームに報告していると報道。

アレックス・ブルツも「それが業界標準になっている」とクリスチャン・クリエンの関与を認めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / クリスチャン・クリエン / ウィリアムズ