F1:ケビン・マグヌッセンが明かしたミック・シューマッハの意外な最初の言葉
ケビン・マグヌッセンは、ハースF1チームの新しいチームメイトであるミック・シューマッハが自分に話しかけた言葉の珍しい選択を明らかにした。

バーレーンの開幕戦のわずか数週間前にハースF1チームに呼び戻されたケビン・マグヌッセンの復帰劇は2022年シーズンの物語のひとつ。それ以降。マグヌッセンは最初のレースでの5位入賞をはじめ、4レースのうち3レースでポイントを獲得している。

また、ケビン・マグヌッセンは、新しいチームメイトのミック・シューマッハと良い関係を築いているようだ。

「彼の最初の言葉は『suck my balls!(俺のXXでもしゃぶってろ、転じて、クソ野郎)』だった」とケビン・マグヌッセンはSport Bidに明かした。

この言葉は、新しいチームメイトへの挨拶としては侮辱的な表現のように思われるかもしれないが、実際にはケビン・マグヌッセンが以前にニコ・ヒュルケンベルグに発した言葉をネタにしたものだ。

2017年のF1ハンガリーではポジションを争っており、ケビン・マグヌッセン(ハース)がニコ・ヒュルケンベルグ(当時ルノー)をコース外に追い出した。その後、マグヌッセンにはペナルティが科された。

レース後、ケビン・マグヌッセンが地元デンマークのテレビのインタビューを受けている最中、ニコ・ヒュルケンベルグが近づいて彼の肩を軽くたたき『相変わらずグリッドで最もスポーツマンらしくないドライバーだな』と吐き捨てた。

ケビン・マグヌッセンはすぐに『俺のXXでもしゃぶってろ、ハニー』と答え、ニコ・ヒュルケンベルグが去った後もインタビューを続けた。


「ミックはユーモアのセンスがあるね」とケビン・マグヌッセンは語った。

「その瞬間から、僕たちが良い関係を築くことは明らかだった。ミックはとても素敵でとてもリラックスしている。彼は偽って見せかけるようなことはしないし、よそよそしいこともない。それはF1ドライバーには珍しい。彼のことをとてもリスペクトしているよ」

それ以来、ケビン・マグヌッセンとミック・シューマッハは友好的なチームメイトに成長し、マグヌッセンはミックを称賛した。

「彼はトップドライバーだ」とケビン・マグヌッセンは語った。

「彼の名苗字のおかげでF1にいると多くの人が言っている。それは真実ではない。彼は自分の苗字がもたらすプレッシャーに耐えてきた」

ケビン・マグヌッセンはこれまで“白いフェラーリ”と呼ばれている車で優れているが、シューマッハはまだポイントを獲得していない。

しかし、ケビン・マグヌッセンはミック・シューマッハのノーポイントが長く続くとは考えていない。

「彼は自分でF1での地位を獲得した」とケビン・マグヌッセンは、ミック・シューマッハのF2とF3での成功に言及して語った。

「ミックは毎週良くなっているし、今シーズンの最初のレースですでに新しいレベルに達していた。彼は近い将来、彼の最初のポイントを獲得するだろう」

「彼は非常に細心の注意を払っている。ミックが細部にまで注意を払っているのを見るのは印象的だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ケビン・マグヌッセン / ハース / ミック・シューマッハ