ケビン・マグヌッセン 「ハースF1とまだ2021年の交渉はしていない」
ケビン・マグヌッセンは、ハースF1とまだ2021年の交渉を行っていないと語る。

ハースF1は、2021年にドライバーラインナップを一新する可能性を除外しておらず、契約したドライバーは2022年までドライバーを務めると語っている。

「誰もが我々が2021年に向けて何をやっているのかを尋ねてくる」とハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは Ekstra Bladet に語った。

「いつだってパフォーマンスを発揮し、ベストを尽くしたいと思うものだが、現在のところ、2022年に焦点を合わせる必要がある。何も確定はしていない。だが、2022はチャンスだ」

先週末のモンツァでチームオーナーのジーン・ハースが訪れてドライバーとの交渉を開始すると予想されたが、ケビン・マグヌッセンはその事実を否定した。

「ハースとの交渉はまだ行われていない」とケビン・マグヌッセンは BT に語った。

「もちろん、できるだけ早く解決したいと思っている。自分がいるところに満足していることは秘密ではない」

「ミッドフィールドのトップに返り咲くための彼らのカムバックの一員でありたいと思っている。それが彼らが属する場所だと感じている」

2021年にハースF1に留まることが唯一の選択肢かと質問されたケビン・マグヌッセンは「必ずしもそうではない。でも、他の誰かと明確に交渉しているわけではない」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ケビン・マグヌッセン / ハース