F1 ケビン・マグヌッセン ハースF1チーム
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、2019年のF1世界選手権での“激しい”ミッドフィールドバトルを予想している。

2016年にF1参戦を開始したハースF1チームだが、昨年は大きな飛躍を果たし、マクラーレン、フォースインディア、トロロッソを抑え、ルノーに次ぐコンストラクターズ選手権5位でシーズンを終了。

今年のF1プレシーズテストでは中団チームのタイムは非常に拮抗しており、2019年も激しいバトルが予想されている。

「さらに激しい戦いになることが想像できる」とケビン・マグヌッセンは BT にコメント。

「去年はハースとルノーがその上位を争ていることが多かった。その後、フォースインディアも絡んできたし、トロロッソが絡むときもあった。今年、トロロッソはスタートからその位置にいると思う」

2017年にハースF1チームに加入したケビン・マグヌッセンは、2020年まで契約を延長しており、今ではよりチームにうまく溶け込んでいると語る。

「チームが僕を理解してくれていると感じることができるし、ドライバーとしても個人としても成長している。僕がクルマにどのようなことを必要としているかを知っているという点で彼らの理解により頼ることができるようになっている」とケビン・マグヌッセンは語る。

「それは僕に安心感を与えてくれているし、チームもそうだと思う。チームは僕といることを快適に感じていると実感できる。それはクールなことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ケビン・マグヌッセン / ハース