小林可夢偉
ザウバーのチーム代表ペーター・ザウバーは、若手ドライバー2名のラインナップとなる来年、小林可夢偉がチームリーダーの役割を担ってくれることに期待している。

現在、小林可夢偉とベテランのニック・ハイドフェルドというドライバーラインナップで参戦しているザウバーだが、2011年はテルメックスが支援するメキシコ人GP2ドライバーのセルジオ・ペレスが小林可夢偉とチームを組む。

来年のC30に若い二人を乗せることはチームにとってあまりにリスクが大きいのではないかと質問されたペーター・ザウバーは、次のようにコメントした。

「若手ドライバーと経験豊富なドライバーにした方がよかっただろう。しかし、小林は成熟しており、来年はチームリーダーの役目を担うことができるだろう」

セルジオ・ペレスについては「彼は大きな才能を秘めており、非常に速いドライバーだと思っている。だが、もちろん何も保証はない」と述べた。

来年はザウバーでの2年目を迎えることになる小林可夢偉。2011年マシン「ザウバー C30」はチーム内の信頼を得る“チームリーダー可夢偉”のドライビングスタイルをベースとした可夢偉好みのマシンに開発されることだろう。

関連:
ザウバー C30 (主要諸元)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: 小林可夢偉 | ザウバー