ジョリオン・パーマー F1 USGP
ジョリオン・パーマーが、F1アメリカGPへの意気込みを語った。

ジョリオン・パーマー (ルノー)
「素晴らしいトラックに見えるし、現代のレイアウトでベストのひとつだと思うので、走るのを楽しみにしている。シミュレーターでは高低差が多くて、ブラインドコーナーや充実した速いコーナーにとってかなりトリッキーだと感じているし、走るのは良いチャレンジだろうね。これまで走ったことのないサーキットなので、金曜日に学んだときがもうひとつの機会になるだろう」

「オースティン自体は素晴らしい街だ。テキサスの田園地方は素敵だし、人々もかなり歓迎してくれる。予想していたよりも多くのF1の知識がある。アメリカのモータースポーツについて考えるときは、いつもNASCARやインディカーのことを考えるからね」

「アメリカでの問題は食事だ。誘惑があまりに多すぎるよ! 体重をかなりしっかりと管理しなければならないので大変だよ。常にリブとハンバーガーを腹に詰め込んでおきたいよ! 食べ物に近づかないようにすることを除けば、レースをしに行くには本当に素晴らしい場所だ。何かが違うし、特にテキサスは雰囲気が素晴らしい。去年は土砂降りだったのは残念だったし、今年は天候に恵まれて、たくさんの観客が観にきてくれることを願っているよ!」

関連:2016 F1アメリカGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョリオン・パーマー / ルノー / F1アメリカGP