インディカー
2019年のインディカー・シリーズ 第10戦 ロード・アメリカの予選が6月23日(土)に行われ、コルトン・ハータが史上最年少ポールポジションを獲得。佐藤琢磨は7番手だった。

シーズン全17戦で行われるインディカー・シリーズは折り返し点を過ぎ、ウィスコンシン州のロード・アメリカで第10戦を迎える。

ロード・アメリカは1955年に開設された全長4.014マイル(約6.46㎞)のサーキットで、14のコーナーを持つロードコース。コースレイアウトは開設時から変わっておらず、伝統あるサーキットとして、NASCARなどの北米選手権も開催されている。

ポールポジションを獲得したのはコルトン・ハータ(ハーディング・スタインブレナー・レーシング)。1分42秒9920をマークして、19歳83日で史上最年少ポールポジション獲得記録を更新した。

2番手にはアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポーツ)が続き、ホンダ勢がフロントローを独占。3番手にはウィル・パワー、4番手にはジョセフ・ニューガーデンとペンスキー勢が続いた。

佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)はファスト6進出に進出して6番グリッドを獲得した。

「チームが素晴らしいリカバリーをしてくれました。僕たちは苦戦しており、マシンバランス、グリップレベル、トリムなどすべてがフィットしていないと感じていました。大きな変更はしていませんが、あらゆるエリアを見直してたことですべてがまとまったと思いす」

「グラハムと僕は大きなミスをすることなく100%プッシュできました。満足できるパフォーマンスだたと思います。明日はもっとスピードを得られることを願っています。天気もそうですが、タイヤの摩耗が鍵になると思います」

PosNoDriverTeam TimeSession
188コルトン・ハータハーディング・スタインブレナーH1分42秒9920Fast Six
227アレクサンダー・ロッシアンドレッティ・オートスポーツH1分43秒1693Fast Six
312ウィル・パワーチーム・ペンスキーC1分43秒3749Fast Six
42ジェセフ・ニューガーデンチーム・ペンスキーC1分43秒6036Fast Six
515グラハム・レイホールレイホール・レターマン・ラニガンH1分43秒8076Fast Six
630佐藤琢磨レイホール・レターマン・ラニガンH1分43秒8790Fast Six
718セバスチャン・ブルデーデイル・コイン・レーシングH1分43秒2989Top 12
821スペンサー・ピゴットエド・カーペンター・レーシングC1分43秒3083Top 12
95ジェームス・ヒンチクリフアロウ・シュミット・ピーターソンH1分43秒3814Top 12
1098マルコ・アンドレッティアンドレッティ・ハータ・オートスポーツH1分43秒3945Top 12
1120アド・ジョーンズエド・カーペンター・レーシングC1分43秒5162Top 12
129スコット・ディクソンチップ・ガナッシHNo TimeTop 12
1331パトリシオ・オワードカーリンC1分43秒6061Group 1
1426ザック・ビーチアンドレッティ・オートスポーツH1分43秒4488Group 2
1528ライアン・ハンター-レイアンドレッティ・オートスポーツH1分43秒6980Group 1
1622シモン・パジェノーチーム・ペンスキーC1分43秒4764Group 2
177マーカス・エリクソンアロウ・シュミット・ピーターソンH1分43秒8913Group 1
1810フェリックス・ローゼンクヴィストチップ・ガナッシH1分43秒5038Group 2
1960ジャック・ハーベイマイヤー・シャンク・レーシングH1分44秒6179Group 1
204マティアス・レイストA.J.フォイト・レーシングC1分43秒8570Group 2
2119サンティノ・フェルッチデイル・コイン・レーシングH1分49秒3060Group 1
2259マックス・チルトンカーリンC1分43秒8745Group 2
2314トニー・カナーンA.J.フォイト・レーシングC1分44秒4183Group 2


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: インディカー