インディカー
2018年のインディカー・シリーズ 第14戦の予選が8月18日(土)にポコノ・レースウェイで行われ、ウィル・パワー(ペンスキー)がポールポジションを獲得。佐藤琢磨は10番手だった。

オーバルコースといえば楕円、もしくは長円のレイアウトが一般的だが、ペンシルベニアの緑深い山間に作られたポコノ・レースウェイは三角形をしている。それだけでなく、3つのコーナーはどれも異なる半径で、コーナーにつけられたバンクも1つずつ違っている。3本のストレートも長さが1本ごとに違う極めてユニークなオーバルコースとなっている。

このように3つのコーナーの性格が明確に異なる上、全長が2.5マイルと長いことからスピードも非常に高いものが維持されるため、マシンのセッティングもドライビングも難しく、ポコノ・レースウェイには“トリッキー・トライアングル”というニックネームがつけられている。

オーバルトラックでの予選は、各車が2周を連続して走行し、その平均速度をもとにグリッドを決定する。

ポールポジションを獲得したのはウィル・パワー(ペンスキー)。平均速度219.511をマーク。通算53回目のポールポジション獲得となり、歴代2位のA.J.フォイトに並んだ。歴代1位はマリオ・アンドレッティの67回。

2番手にはジェセフ・ニューガーデン(ペンスキー)、3番手にはアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポーツ)が続いた。

佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は平均速度216.863で10番手だった。

2018 インディカー 第14戦 ポコノ 予選 結果

PosNoDriverTeam Speed
112ウィル・パワーTeam PenskeC219.511
21ジョセフ・ニューガーデンTeam PenskeC218.802
327アレキサンダー・ロッシAndretti AutosportH218.758
428ライアン・ハンターレイAndretti AutosportH217.806
522シモン・パジェノーTeam PenskeC217.769
66ロバート・ウィッケンズSchmidt Peterson MotorsportsH217.612
726ザック・ビーチAndretti AutosportH217.587
818セバスチャン・ブルデーDale Coyne RacingH217.296
95ジェームス・ヒンチクリフSchmidt Peterson MotorsportsH217.009
1030佐藤琢磨Rahal Letterman Lanigan RacingH216.863
1198マルコ・アンドレッティAndretti AutosportH216.658
1210エド・ジョーンズChip Ganassi RacingH216.547
139スコット・ディクソンChip Ganassi RacingH216.410
1414トニー・カナーンAJ Foyt Racing C216.328
1520エド・カーペンターEd Carpenter RacingC216.025
1621スペンサー・ピゴットEd Carpenter RacingC215.177
1719ピエロト・フィッティパルディDale Coyne RacingH214.336
1815グラハム・レイホールRahal Letterman Lanigan RacingH215.225
1923チャーリー・キンボールFucos RacinfC211.919
204マテウス・レイストAJ Foyt Racing C211.696
2159マックス・チルトンCarlinC209.599
2288コナー・デイリーHarding RacingC208.951


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: インディカー