インディカー・シリーズ 佐藤琢磨
2018年のインディカー・シリーズ 第10戦 ロード・アメリカの予選が6月23日(土)に行われ、ジョセフ・ニューガーデン(ペンスキー)がポールポジションを獲得。佐藤琢磨は7番手だった。

シーズン全17戦で行われるインディカー・シリーズは折り返し点を過ぎ、ウィスコンシン州のロード・アメリカで第10戦を迎える。

ロード・アメリカは1955年に開設された全長4.014マイル(約6.46㎞)のサーキットで、14のコーナーを持つロードコース。コースレイアウトは開設時から変わっておらず、伝統あるサーキットとして、NASCARなどの北米選手権も開催されている。

ポールポジションを獲得したのはジェセフ・ニューガーデン(ペンスキー)。1分43秒2026秒をマーク。前戦に続いて今シーズン3度目、キャリア5度目のポール獲得となった。

2番手には0.0482差でウィル・パワーが続き、ペンスキーがフロントローを独占。3番手にはライハン・ハンターレイ、4番手にはアレキサンダー・ロッシとアンドレッティ・オートスポーツの2台が2列目を獲得した。

佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)はグループ2で5番手タイムを記録してトップ12に進出したが、0.04秒差でファスト6進出を逃して7番手だった。

2018 インディカー 第10戦 ロード・アメリカ 予選 結果

PosNoDriverTeam TimeStage
11ジョセフ・ニューガーデンTeam PenskeC1.43.2026Fast Six
212ウィル・パワーTeam PenskeC1.43.2508Fast Six
328ライアン・ハンターレイAndretti AutosportH1.43.3811Fast Six
427アレキサンダー・ロッシAndretti AutosportH1.43.4361Fast Six
56ロバート・ウィッケンズSchmidt Peterson MotorsportsH1.43.7121Fast Six
618セバスチャン・ブルデーDale Coyne RacingH1.43.7332Fast Six
730佐藤琢磨Rahal Letterman Lanigan RacingH1.43.1108Top12
89スコット・ディクソンChip Ganassi RacingH1.43.1769Top12
915グラハム・レイホールRahal Letterman Lanigan RacingH1.43.1874Top12
1021スペンサー・ピゴットEd Carpenter RacingC1.43.1995Top12
1126ザック・ビーチAndretti AutosportH1.43.2265Top12
1210エド・ジョーンズChip Ganassi RacingH1.43.3544Top12
1320ジョーダン・キングEd Carpenter RacingC1.43.7356Group 1
1422シモン・パジェノーTeam PenskeC1.43.4153Group 2
1598マルコ・アンドレッティAndretti AutosportH1.43.9843Group 1
165ジェームス・ヒンチクリフSchmidt Peterson MotorsportsH1.43.8591Group 2
1719ザカリー・クラマン・デ・メロDale Coyne RacingH1.44.0189Group 1
1814トニー・カナーンAJ Foyt Racing C1.44.1165Group 2
1923チャーリー・キンボールCarlinC1.44.1161Group 1
204マテウス・レイストAJ Foyt Racing C1.44.3438Group 2
2123アルフォンソ・セリスJr.Fucos RacinfC1.45.5584Group 1
2259マックス・チルトンCarlinC1.44.3442Group 2
2388ギャリー・チャペスHarding RacingC1.44.6258Group 2


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: インディカー