インディカー・シリーズ バーバー・モータースポーツ・パーク 佐藤琢磨
インディカー 第4戦アラバマ・グランプリが23日(月)に再スタートが切られ、ジョセフ・ニューガーデン(ペンスキー)が優勝。佐藤琢磨は8位でフィニッシュした。

前日の決勝は降雨で中断に。月曜日のバーバー・モータースポーツ・パークはドライコンディション。レースは残り時間は1時間15分44秒から再開、隊列がピットアウトした時点で23周目が終了となる。ソフトタイヤ、ハードタイヤの義務使用制限ルールはなくなる。

雨でラバーが流されたサーキットでどのタイヤでスタートするか、1ストップか2ストップを選択するかで各チームの戦略が分れることになった。上位ドライバーは多数がレッドでのスタートを選択した。

レースはペースカー先導で開始。28周目に改めてスタートが切られた。残り30分を過ぎたところでポツポツと雨が降り始めてコースはウェットへと変化していき、特に1ストップを選択していたドライバーには不利な状況となる。

残り14分。トップを走行していたジョセフ・ニューガーデンが真っ先にレインタイヤに交換。2番手でコースに復帰する。だが、ライアン・ハンターレイに抜かれてしまう。だが、そのハンターレイも残り10分でピットインしてレインタイヤに交換する。

残り7分。トップでドライタイヤで粘っていたセバスチャン・ブルデーが堪らずピットインし4番手にコースに復帰する。ジョセフ・ニューガーンがトップに返り咲く。

そしてレースは2時間(82周)で終了。ジョセフ・ニューガーデンが完璧なレースで第2戦フェニックスに続く今季2勝目。通算9勝目。2位にはライアン・ハンターレイ(アンドレッティ・オートスポーツ)、2位にはジェームス・ヒンチクリフ(シュミット・ピーターソン)が続いた。

8番グリッドからレースを再開した佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、4番手を走行していた53周目に一回目のピットイン。そして、残り12分でピットインしてレインタイヤに交換。8位でレースをフィニッシュした。

2018 インディカー 第4戦 アラバマ 決勝 結果

PosNoDriverTeam 
11ジョセフ・ニューガーデンTeam PenskeC
228ライアン・ハンターレイAndretti AutosportH
35ジェームス・ヒンチクリフSchmidt Peterson MotorsportsH
46ロバート・ウィッケンズSchmidt Peterson MotorsportsH
518セバスチャン・ブルデーDale Coyne RacingH
69スコット・ディクソンChip Ganassi RacingH
715グラハム・レイホールRahal Letterman Lanigan RacingH
830佐藤琢磨Rahal Letterman Lanigan RacingH
922シモン・パジェノーTeam PenskeC
1098マルコ・アンドレッティAndretti AutosportH
1127アレキサンダー・ロッシAndretti AutosportH
124マテウス・レイストAJ Foyt Racing C
1326ザック・ビーチAndretti AutosportH
1420ジョーダン・キングEd Carpenter RacingC
1521スペンサー・ピゴットEd Carpenter RacingC
1632カイル・カイザーJuncos RacingC
1788ギャリー・チャペスHarding RacingC
1814トニー・カナーンAJ Foyt Racing C
1919ザカリー・クラマン・デメロDale Coyne RacingH
2010エド・ジョーンズChip Ganassi RacingH
2112ウィル・パワーTeam PenskeC
2259マックス・チルトンCarlinC
2323チャーリー・キンボールCarlinC


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: インディカー