コルトン・ハータ 「2022年に人々が考えるよりF1参戦に近づいていた」
コルトン・ハータは、2022年シーズンのF1への転向は、人々が言及した「50-60%」の可能性よりもさらに近かったと語る。

2021年シーズンの舞台裏で、マイケル・アンドレッティは、アルファロメオF11チームの母体であるザウバーを買収するために交渉中であることが発表された。

取引が成立に近づいたが、土壇場でザウバーがチームの支配権についての条件を変えたことでアンドレッティは撤退した。

買収が成立していた場合、コルトン・ハータは、インディカーでドライブするアンドレッティ・オートスポーツから、2022年にF1でアルファロメオF1チームに移籍することが期待されていた。

そして、それは人々が思っているよりも実現に近づいていたようだ。

「人々はそれが50%または60%だと言っていた」とコルトン・ハータはIndyStarに語った。

「でも、それよりずっと近かった。」

コルトン・ヘルタは、プロセス全体が彼の人生で「最もクレイジーな乗り物」だったと表現し、複数のフライトと電話に加えて、フィオラノでのフェラーリのF1マシンでの極秘テストも計画されており、それがF1でのチャンスをさらに納得させたと明かした。

「クレイジーな乗り物だったし、僕の人生で最もクレイジーな年だった」とコルトン・ハータは語った。

「インディカーで戻ると自分に言い聞かせていたけど、いつかは本当に分からなかった。残りの人生をF1でレースをして引退したくはなかった。戻ってきて、インディ500でもと走らせて、フルシーズン走りたかった」

「でも、F1に行くと思っていたし、ほぼ確実だと思っていた。心のどこかで『まだ契約を結んでいないので、取り消される可能性はある』と思っていたけどね」

「それはとてもシュールだった。僕たちは少しの間それを達成したと思っていた、そして、それはすべて崩壊した」

1978年のF1ワールドチャンピオンであるマリオ・アンドレッティは、F1を「モータースポーツのオリンピック」と表現し、米国を代表する必要があると考えている。

2022年には、サーキットオブジアメリカズでのF1アメリカGPに加え、アメリカでの第2のレースであるマイアミGPが開催され、、2023年には第3のレースとなるラスベガスGPも控えている。

足りないのはアメリカ人ドライバーであり、マリオ・アンドレッティはコルトン・ハータがその隙間を埋めることを望んでいると語った。

「本当にモータースポーツのオリンピックだ。自分の国には誇りを持ち、あなたが勝った瞬間、それに値段をつけることはできない」とマリオ・アンドレッティは語った。

「どの国でも表彰台のトップステップに立てば、あなたの国の国歌が演奏される。そして、米国はモータースポーツで最高レベルのチャンピオンを生み出している国であり、我々はモータースポーツのオリンピックに参加する必要がある」

「コルトン? 彼は本当にそこにいてほしいと思う特別な才能であり、半分勝ったも同然の状態だ。そうしたいという願望だがね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / インディカー