アンドレッティのコルトン・ハータ 「F1チーム買収が成立していたら僕がドライバーだった」
コルトン・ハータが、アンドレッティ・オートスポーツによるザウバー/アルファロメオF1買収の舞台裏で進行していたF1転向の噂について口を開いた。

マイケル・アンドレッティとザウバーの支配会社であるイスレロ・インベストメンツとの交渉は大詰めを迎えていたが、土壇場でザウバー側が提示したチームの支配権をアンドレッティ側が飲むことができず、交渉は破綻した。

コルトン・ハータは、買収が成立した場合には自分がF1ドライバー候補であったことを認めるが、インディカーを出てF1に参戦することにそこまで熱心ではなかったため、失望は管理できたと語った。

「行きたいのか、滞在したいのかは僕の決断だった」とコルトン・ハータは RACER に語った。

「適切な状況である必要があり、競争力を持つために適切な資金を持っている、もしくは競争力を持つためにそのポイントに到達する必要があだった。でも、僕をインディカーから引き離すのにも多くの時間がかかる。それは僕が一緒に育ってきたものだからね。僕はF1を見て育たなかった。実際、私は12~13歳になるまで、F1をフォローしていなかった。物心ついたときからインディカーを見ていた。僕がヨーロッパに引きずり込まれるには多くの時間がかかるだろう」

アンドレッティのF1チーム買収の最初の試みは失敗したが、コルトン・ハータ、F1に到達するための熱意は残っていると語る。

「それは僕がやりたいことだ」とコルトン・ハータは続けた。

「でも、僕のキャリアの中にはやりたいことがたくさんあるし、それらすべてがインディカーを中心に展開しているわけではない。デイトナ500、ル・マン24時間レース、IMSAなどやってみいたレースはたくさんある。いくつかの点で、僕がやりたいレースのタイプは、キャリアの後半でそれができるかどうか、または選択の余地がなく機会が与えられたときにそれをしなければならないかどうかという時間に敏感だと思う」

「でも、インディカーが僕にレースへの愛を与えたものだ。だから、僕がいる状況あh、チャンピオンシップを目指し、レースに勝つことができるので、この時点で僕をそこから引き離すには多くの時間がかかるだろう。でも、振り返ってみると、自分のキャリアの中でレースしたいことがたくさんあることを人々が尊重してくれることを願っている」

2021年に3勝を挙げてランキング5位で終えたコルトン・ハータは、アンドレッティ・オートスポーツによるザウバー/アルファロメオF1買収の噂が、さらに2022年に多くのインディカーでの勝利とチャンピオンシップを獲得するという計画を脱線させることはなかったと語る。

「彼らはその取引を成し遂げることに非常に多くの時間と労力を費やしていたで、決してあまり気にかけなかったと言うつもりはない、興味をそそられていた」とコルトン・ハータは付け加えました。

「でも、僕にとっては、契約を結ぶまではそれほど重要ではなかった。記事を読んだ。『ああ、取引は完了したのか』『いや、90パーセントか』といった感じだった。そして、正直なところ、僕はF1の取引についてあまり知らなかった」

「僕はそれを父に任せていたし、あまり知りたくはなあkった。正直、自分はインディカーに集中することの妨げにはならなかった。インディカーで契約を結んでいたので『来年はF1に行く』などとは思ってもみなかったし、それが僕の焦点でした。そして、僕と(ハータのレースエンジニア)ネイサン(オルーク)は、何があっても来年一緒に仕事をすることを前提に仕事をしている」

「正直、契約を結んでいないので、自分が行くとは思わなかった。そして、僕にとっては、『F1に行く』と言っている人の数は関係なかった。マイケルと僕の父は、インディカーでの仕事からそれを奪いたいと僕に言っていたので、僕はそのことは考えないようにした。僕の完全な焦点は、僕が契約していることだ。契約のオファーあったら、それは明らかに切り替わっていただろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / インディカー / ザウバー / アルファロメオF1