ニコ・ヒュルケンベルグ、今後のF1復帰は「熱意はあるけど必死ではない」
ニコ・ヒュルケンベルグは、アストンマーティンF1チームでの最新の“スーパーサブ”としての役目を終えた後、F1で再びレースをすることに“熱意はあるが必死ではない”と語った。

アストンマーティンF1チームのレギュラードライバーであるセバスチャン・ベッテルが新型コロナウイルスの検査で陽性反応が検出されたことで、ニコ・ヒュルケンベルグはバーレーンとサウジアラビアの2レースで代役を務めた。

2020年以来F1でレースをしていなかったにも関わらず、ニコ・ヒュルケンベルグは、バーレーンでチームメイトのランス・ストロールを上回り、両方のグランプリでチェッカーフラッグに到達した。

セバスチャン・ベッテルは、次戦F1オーストラリアGPでのレースアクションに戻ることが明らかになっており、ニコ・ヒュルケンベルグはアストンマーティンF1チームのリザーブドライバーの役割に戻る。

ニコ・ヒュルケンベルグは、2022年F1マシンでのテスト経験が不足していることを考れえば、2つのグランプリでパフォーマンスを示せたことから、F1での競争への関心が高まっていることは明らかだ。

しかし、機会があればその可能性にはオープンだが、それが実現しなくても世界の終わりではないとニコ・ヒュルケンベルグは語る。

「もちろん、レースが恋しい」とニコ・ヒュルケンベルグは認めた。

「より恋しい日もあれば、そうでもない日もある。それは自然なことだと思う。僕はレースに熱心だけど、必死ではない」

「実現しなくても、多かれ少なかれ精神的にある意味でF1は終了している。そして、当然ながら、これらのことは、新型コロナウイルスによるものだ。2020年と今それが起こったし、今年他に何が起こるか誰にも分からない」

「でも、将来的にドライブを手に入れるのは非常にトリッキーで難しいと思う。でも、機会があるなら、僕に電話してほしいね」

ニコ・ヒュルケンベルグの短期的な焦点はオープニングレースで最高の結果を出すことにあったが、アストンマーティンF1チームは、その悲惨なパフォーマンスの答えを見つけるために取り組んでおり、新車で走行距離お延ばしたことは特に価値があるとニコ・ヒュルケンベルグは語る。

「やるべきことがある。多くの分野で車を改善する必要がある」とニコ・ヒュルケンベルグは語った。

「ペースが足りないとき、それは決して1つのことではない。でも、チームのために2つのレースを行い、データを収集し、情報を取得し、彼らが将来のために働くことができたという観点では良いことだ」

ニコ・ヒュルケンベルグ アストンマーティンF1チーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ヒュルケンベルグ / アストンマーティン