ニコ・ヒュルケンベルグ 「2022年にシートを獲得できなければF1は諦める」
ニコ・ヒュルケンベルグは、2022年にF1シートを獲得できなければ、F1ドライバーとしてのキャリアは終止符が打たれることになるだろうと語る。

F1キャリアを通して一貫性してミッドフィールドで最高のパフォーマーの一人であったニコ・ヒュルケンベルグだが、2019年シーズン末にエステバン・オコンに奪われるかたちでルノーのF1シートを失った。

昨年、新型コロナウイルスで検査でレーシング・ポイントの両方のドライバーが陽性反応を示したことで、ニコ・ヒュルケンベルグは2022年に代役として3つのレースに出場。ポイントを獲得するパフォーマンスを見せたが、2021年にレギュラーシートを獲得することはできなかった。

ニコ・ヒュルケンベルグは、トップチームのシートは問題外であることはわかっているが、2022年シーズンもF1で戦うことを望んでおり、もし来年のオファーがなければF1キャリアは諦めることになると語る。

「それがどういうことかは分かっている」とニコ・ヒュルケンベルグは Bild に語る。

「誰もが自分でそれを計算することができるし、幻想は抱いていない。僕にとってトップチームのドアは閉じられている。そこは現実的でなければならない」

「それが今起こらなければ、僕にとってF1の章は私のために閉じることになるだろう」

少なくとも、現状、ニコ・ヒュルケンベルグはいくつかのF1シートを関連付けられている。ジョージ・ラッセルがメルセデスF1に昇格した場合、ウィリアムズF1のシートの候補リストに名前が載っている。

だが、バルテリ・ボッタス、ダニール・クビアト、周冠宇もウィリアムズF1とリンクしており、ニコ・ヒュルケンベルグがウィリアムズのF1シートを望んでいる場合、多くのドライバーと戦うことになる。

それでも、ニコ・ヒュルケンベルグは自分のチャンスについて楽観的であり、何が起こっても、昨年、それについて多くのことを考えていたので、F1での彼の状況について後悔することはないと語る。

「それを新しい機会と見なしている」とニコ・ヒュルケンベルグは語った。

「最近はいろいろと考える十分な時間があった。もちろん、僕はいくつかの間違いを犯した。おそらく私のキャリアは違ったものになっていただろう」

「でも、何も後悔していない」

報告によると、アルピーヌF1が、すでにウィリアムズF1に連絡を取り、ジュニアドライバーの周にシートを与えることに興味があるかどうかを確認しているが、ダニール・クビアトも候補リストに載っている。一方、バルテリ・ボッタスはアルファロメオと接触したと報じられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ヒュルケンベルグ / ウィリアムズ