ニコ・ヒュルケンベルグ 「レッドブルF1の候補に挙がるなんて激アツ」
ニコ・ヒュルケンベルグは、2021年にレッドブル・ホンダでフルタイムでF1復帰するかもしれないという見通しは“激アツ”なことだと認める。

2019年末にルノーのF1シートを喪失したニコ・ヒュルケンベルグだったが、今年、レーシング・ポイントのセルジオ・ペレスとランス・ストロールがレースに出場できなかったレースで“スーパーサブ”として登場した。

「僕のミッションは非常に短期的なものだったし、とても集中的なものだった。僕はクレイジーな挑戦が大好きだ」とニコ・ヒュルケンベルグは Sport1 に語った。

「チャンスを得られたことに感謝している。そうでなければ、僕の名前が言及されることは今よりもはるかに少なくかったのは確かだからね」

実際、ニコ・ヒュルケンベルグは、2021年にアレクサンダー・アルボンに代わるレッドブル・ホンダでマックス・フェルスタッペンのチームメイト候補として名前が挙がることになった。アルボンは、F1バーレーンGPの金曜フリー走行でクラッシュを喫してまたも評価を下げている。

ニコ・ヒュルケンベルグは、自分がセルジオ・ペレスと並んでレッドブル・ホンダのドライバー候補に名前が挙げられたことに驚いていると語る。

「いいや、そんなことは予想もしなかった」とニコ・ヒュルケンベルグは認める。

「だから、この習慣に到達するために進んできた状況にさらに感謝している」

レッドブル・ホンダのF1シートを確保することが自分にとって何を意味するのかと質問されたニコ・ハルケンベルグは、数年前にフェラーリF1との契約に近づいていると噂されていたときと比較した。

「キャリア後期にまたこのような機会を得られるなんで僕にとって激アツなことだ。そして、もっと一般的なことだけど、自分が競争をどれだけ恋しく思っているかということも感じている」とニコ・ヒュルケンベルグは語った。

マックス・フェルスタッペンが彼のことを2021年の好ましいチームメイトとして言及したことについて、ニコ・ヒュルケンベルグは「フェルスタッペン? 彼のことを聞いたことはあるけど」とは冗談を言った。

「真面目な話、彼とは仲がいい。でも、現時点でそのようなことは考えないようにしている」

「たとえうまくいかなかったとしても、僕は求め続けていく。具体的なことは何もないけど、他のレーシングシリーズから様々な問い合わせはあるしね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ヒュルケンベルグ / レッドブル / ホンダF1