F1 ニコ・ヒュルケンベルグ
ニコ・ヒュルケンベルグは、2014年にフェラーリに移籍する“現実的なチャンス”を“ほんのわずか”なところで逃したと考えている。

2013年にフェラーリのF1エンジンを搭載するザウバーでレースを戦っていたニコ・ヒュルケンベルグはフェラーリ移籍が噂されていた。しかし、フェラーリはキミ・ライコネンと契約を更新することを決断。ヒュルケンベルグはフォース・インディアへの移籍した。

ニコ・ヒュルケンベルグは、確実なことは決してわからないが、フェラーリ移籍はニアミスだったと語った。

「このようなことは決してわからないし、決断を下す人々は決して教えてくれない」とニコ・ヒュルケンベルグは Beyond the Grid で語った。
「ほんの数インチのところまできていたと思っている。実際にはどうだったかわからないけどね」

「何度か交渉したのは確かだし、かなり現実的になっていた時期もあったと思う。でも、残念ながら、それは失敗に終わった」

彼にニコ・ヒュルケンベルグのフェラーリ移籍が実現していれば、フェルナンド・アロンソとパートナーを組んでいたことになる。

フェルナンド・アロンソがキミ・ライコネンとの契約更新についてチームで役割を果たしていたと感じたかと質問されたニコ・ヒュルケンベルグは「それも知りたいことだね」とコメント。

ニコ・ヒュルケンベルグは、実際にフェルナンド・アロンソと話をしたが、ストレートな答えは得られなかったと語る。

「フェルナンドが何を行っているのか、いっさいにそれが何を意味するのか完全に確信することは決してできない」とニコ・ヒュルケンベルグはコメント。

「彼はゲームが好きだと思うし、彼がそれをサポートしていたのかどうかは正直わからないし、今ではもう過去のことだ」

ニコ・ヒュルケンベルグは、F1デビュー以来、表彰台に未登壇という不幸な記録を更新している。

ジュニアシリーズでは活躍したていたにも関わらず、F1でそれが実現しない理由について質問されたニコ・ヒュルケンベルグは「いくつかの理由によって起こらなかった」とコメント。

「何度かチャンスはあったし、2016年のモナコはそれが実現する機会のひとつだった。でも、戦略判断なのか、当時のチームなのかはわからないけど、うまくいかなかった」

「2012年のブラジルではルイス(ハミルトン)を攻撃してそれを捨てました。セーフティカーが導入されたときもレースをほぼ1分でリードしていたので、ほぼ勝利は保証されていた」

「全てのチャンスで何かしらの問題があったし、何らかの理由で実現しなかった。悩んではいないけど、嬉しくはないね。でも、仕方のないことだ」

「過去を変えることができないので未来に焦点を合わせているし、できるだけ早くそれを変えたいね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ニコ・ヒュルケンベルグ | フェラーリ