F1 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノーF1
F1中国GPで2戦連続でMGU-Kに関連する問題でリタイアを喫したニコ・ヒュルケンベルグは、ルノーに信頼性の早急な解決を求めた。

F1バーレーンGPでポイント圏内を走行しつつも、レース終了間際に2台揃ってリタイアを喫したルノーは、中国GPにアップグレード版のMGU-Kを投入。ダニエル・リカルドは7位入賞を果たしたが、ニコ・ヒュルケンベルグはまたもリタイアを喫することになった。

ルノーは、ニコ・ヒュルケンベルグのリタイアはMGU-Kの仕様変更に関連するソフトウエアの問題であり、ハードウエア自体には問題はないとしているが、ニコ・ヒュルケンベルグはいずれにしろルノーに信頼性問題の解決を求めた。

「良いニュースではない」とニコ・ヒュルケンベルグはコメント。

「僕たちは本当にそれらの問題を解決しなければならない。僕たちはリザルト、経験、ポイントを犠牲にしている。僕たちはその点でやらなければならない宿題があることをわかっていると思う。遅かれ早かれ修正が必要だ」

ニコ・ヒュルケンベルグは、レースをしながらエンジニアから提案された方法で問題を解決しようと試みていたと述べた。

「ストップする数周前に起こったけど、修正することができなかったし、チームからマシンをストップするよう指示された」とニコ・ヒュルケンベルグはコメント。

「パワーを失い、どうすることもできなかった。またMGU-Kに関連した問題のようだし、残念だ。僕たちにはもっとたくさんやらなければならない仕事があるようだね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ニコ・ヒュルケンベルグ | ルノー