ニコ・ヒュルケンベルグ ルノーF1 シンガポールグランプリ
ニコ・ヒュルケンベルグは「スーティル時代は終わりだ」とジョークで不名誉な記録に備えた。

今週末のF1シンガポールGPでニコ・ヒュルケンベルグはF1で129回目のスタートを切ることになる(2回のDNSは除く)。ここで初表彰台を獲得できなければ、これまでエイドリアン・スーティルが保持していた表彰台未登壇ドライバーの最多出走記録を更新することになる。

マリーナ・ベイ・サーキットでその記録を達成した場合、どのように感じるかと質問されたニコ・ヒュルケンベルグはユーモアでそれを受け入れた。

「長い間、待たなければならなかったし、エイドリアンからこのタイトルを奪って記録保持者になるために本当に懸命に頑張ってきた。楽しみにしているよ」とニコ・ヒュルケンベルグはコメント。

「スーティル時代は今週末で終わり、ヒュルケンベルグ時代がスタートする。それを楽しみにしているよ...」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ニコ・ヒュルケンベルグ | ルノー | F1シンガポールGP