ホンダF1エンジン搭載の4台、F1アメリカGPでアキュラのロゴを掲載 / レッドブル・ホンダ&アルファタウリ・ホンダ
ホンダF1のパワーユニット(PU)で戦うレッドブル・レーシングとスクデーリア・アルファタウリは、10月22日(金)から24日(日)にかけて開催され2021年第16戦 F1アメリカGPでアキュラブランドのロゴをマシンに載せて参戦する。リアウイングやコックピット周辺のホンダロゴがアキュラに変わることに加え、ドライバーのヘルメットのバイザーおよびレーシングスーツにもアキュラのロゴが加えられる。

F1において、アキュラのロゴは1989年のF1アメリカGP、F1カナダGPでマクラーレン・ホンダのアイルトン・セナ、アラン・プロストのヘルメットバイザーに使用されて以降、北米大陸のレースでたびたび登場してきた。
今回は、2007年のF1カナダGPでホンダ F1のドライバーとしてジェンソン・バトン、ルーベンス・バリチェロが同様にバイザーに使用して以来、14年ぶりになる。

山本雅史(ホンダF1 マネージングディレクター)
「ホンダF1の最終年に、ホンダのPUを搭載するマシン4台が、アキュラのロゴをまとってレースに出場できることをうれしく思っています。ホンダが米国や中国などで広く展開するアキュラブランドは、ホンダブランド同様に重要なブランドで、モータースポーツにおいても長い歴史を持っており、現在も、ホンダの米国でのレース拠点であるHonda Performance Development(HPD)とともに、デイトナ24時間などで知られる耐久シリーズや、NSX GT3を用いたGTカーシリーズに参戦し、好成績を収めています。F1でのアキュラロゴの使用は、今回の1戦限りになりますが、ホンダ F1の歴史に、また一つ新たなページが加わることになります。1989年に初めてアキュラのロゴを使用した際には、プロスト選手が見事な勝利を挙げていますので、今回のレースでも、2つのチームとともに、皆さんの記憶に残るような結果を残せればと思っています

アキュラについて
”Precision Crafted Performance” をコンセプトとするアキュラは、高い品質と信頼性に加え、印象的なスタイリングやパフォーマンス性能、先進のテクノロジーを備えたブランド。米国やカナダ、中国などで展開され、スポーツセダンのILXとTLX、SUVのRDXとMDX、ハイパフォーマンスラインであるType S、それにハイブリッドシステムを搭載するスーパースポーツカーのNSXなど、豊富なラインアップを有している。

レッドブルF1 ヘルメット with アキュラアルファタウリ・ホンダ AT02 with アキュラアルファタウリ・ホンダ AT02 with アキュラアルファタウリ・ホンダ AT02 with アキュラ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル / F1アメリカGP / アルファタウリ