レッドブルのF1マシンに搭載されたホンダF1エンジンの秘密兵器
レッドブルのF1マシンに搭載されたホンダのF1エンジンにはレギュレーションを巧妙に解釈した秘密兵器が搭載されていると報じられている。

ホンダのエンジンサウンドはプレシーズンテストで話題となっていた。エンジンが低回転の際につぶやくような音が出ていたことで、ホンダが巧妙な技術を採用しているのではないかとの議論が巻き起こった。

ホンダのF1エンジンを特別なものにしているのは、アクセルを離しても少量のガソリンを燃焼させていることだとされている。これにより、これにより燃料消費量は増加しますが、ハイブリッドシステムはより多くの電力を生成できる。したがって、ハイブリッドシステムからの余分な電力をより長く供給することができるとされている。

ホンダのF1エンジンのもう一つの実用性は、排気ガスに関係している。ホンダは、リアサスペンションのアッパーアームの下にある2本のエキゾーストパイプを動かして小さなブローオフを発生させ、中央のディフューザーエクストラクターからの気流抽出を増やし、ダウンフォースのわずかな増加に貢献しているとされている。

2019年のフェラーリのF1エンジンをめぐる論争に続いて、FIAはエンジンを注意深く見守っている。しかし、ホンダのF1エンジンについては何も言われておらず、レッドブルとホンダは巧妙な秘密兵器を開発したと言え、これは2021年のエンジンの強みの1つになるかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル