ホンダF1 「メルデスと一騎打ちできるところまでパワーを持ってきたつもり」
ホンダF1のパワーユニット開発拠点であるHRD Sakuraでパワーユニット開発責任者を務める浅木泰昭が2020のF1エンジンの開発について語った。

新型コロナウイルスの世界的な大流行によって開幕が遅れていた2020年のF1世界選手権だが、7月5日のオーストリアGPでいよいよ再開する。

その間、ファクトリーのシャットダウンやレギュレーションの変更によってF1パワーユニットの開発には様々な制限が出てきた。その辺の状況について浅木泰昭が F1 GPニュース に語った。

「特に今年の場合はレギュレーションが大きく変わって、オーストリアで出したパワーユニットがホモロゲーションされる、というか仕様が固定されるんですよね。ですから、そこにできる限りのものを持っていくというのが今年の戦い方ですね」と浅木泰昭はコメント。

「去年のようにスペック1、2、3の3段階という考え方ではないのが今年の戦い方です」

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、シャシー側のアップデートは2ステップをスキップすることになると語っている。ホンダのF1パワーユニットはどうなのだろうか?

「スペック2、3というのが元々の開発計画であったんですけど、シャットダウンが増えたんですよね。イタリア、イギリスはロックダウンしたりして、みんなファクトリーが休んだので、ホンダもフェアにしろということです」と浅木泰昭は語る。

「ですから、予定していたステップ2にむけた作業は全部できていないので、我々の中では今回オーストリアのエンジンはスペック1.1という風に呼んでいます。バグの修正くらいのイメージですかね」

今年は10週間の8戦という序盤のスケジュールが発表されており、信頼性が特に重要なシーズンとなってくる。

信頼性について浅木泰昭は「非常に重要だという認識ですよね。パワーが上がれば、今まで持っていた部分も壊れるという認識でしたけど、今回に限って言うと、信頼性の方に重点を置いて開発してます」とコメント。

また、そのような過密スケジュールは開発にも問題を及ぼす可能性がある。

「同じサーキットで走るというときは、セッティングそのものは同じで行ってるんで、サーキット変えながらの連戦よりSakuraの作業としては簡単なところもありますけど、トラックサイドは体力的にも大変ですよね」と浅木泰昭は語る。

「信頼性が上がれば、ある意味ガンガン使えるということですよね。台数についてはまだ今日時点でも最終的に何レースで何台使っていいかというのは揉んでる最中なので、その辺は決まってもらわないと戦い方も決まらないという感じですかね」

現時点では3基のエンジンを使えるのか、もしくはレース数が減って2基で走り切らなければならないのかはまだ確定していない。

「そういう可能性もあるし、何レースになるかでもいろいろ変わってくると思うので。でも、チームとしては、何レースと思ってたら減ったから途中で2基にしてくれと言われてもなという議論をしている最中ですね」

では、今年のホンダのF1エンジンを何勝を狙えるのか。勝率で答えるように求められた浅木泰昭は以下のように答えた。

「5割と言いたいところですけど、相手が強いですからね。パワーユニットとしては五分五分のところまで持っていくというのが私としての目標ですね。エンジンが五分五分だったら何勝になるんですね」

「フェラーリは当然気にしています。でも、急に速くなったりして読みにくいんで、ターゲットにし辛いですよね」

また、2020年のホンダのF1エンジンのコンセプトについて浅木泰昭は次のように説明する。

「燃焼というか燃やし方のコンセプトはずっと18年のスペック3あたりをどんどんど進化させてきてるんですよ。それを最終形ぐらいに今年は持っていきたいなというのが燃焼コンセプトですね」

「馬力が上がっていくと、今まで持っていたいろんな面がちょっとずつ壊れ出すんですけど、そこも一気に問題をなくしていくという意味でいうと、今の燃焼コンセプトで最終段階、それでも絶対壊れないような耐久性、その2つがコンセプトですね」

「予定通り開発しています。ただ、相手が我々の想定以上に上がってくる負けちゃうし、相手あっての話なので、我々の想定がちょうどよかったのか、甘かったかといのはレースが始まればわかってくると思います」

2月のプレシーズンテストでは、レッドブル・ホンダF1はストレートでもメルセデスに匹敵できる速さをみせていた。今年は高速サーキットでもメルセデスと対等にやりあえるのではないかとの期待が高まっている。

「当然、そのつもりで開発してきてます。相手の伸びも予測して目標を立ててやってますから、予測が当たっていれば戦えるはずということですけど、不安と期待が相混じった開幕戦ということですかね」

では、ホンダのF1エンジンは今年ワールドチャンピオンを獲得できるのか。それが実現すれば30年ぶりの栄冠となる。

「ここまで来て目指さないというわけにはいかないんで、目指します。獲れるかどうかはいろいろありますけど、目指しているのは間違いないです」と浅木泰昭は語る。

「今年はメルセデスと一騎打ちになれるくらいのところまでパワーを持ってきたつもりなので、毎回どっちが勝つかわかんないというレースを1年続けて、結果勝てれば一番いいなと思って望んでますので、みなさん応援の方宜しくお願いします」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル