ホンダF1 「マックス・フェルスタッペンは我々を信頼してくれている」
ホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史は、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがホンダのF1プロジェクトを“信頼してくれている”と語る。

今年、レッドブルとともにF1復帰後初優勝を果たしたホンダだが、物議を醸している2021年の新レギュレーションを確認するまで今後のF1継続にコミットする意思はないことを明らかにしている。

そんな中、マックス・フェルスタッペンは、ホンダのF1での将来についての会議にレッドブルの首脳陣とともに出席している。

ホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史は「彼(フェルスタッペン)は、ヘルムート(マルコ)、クリスチャン(ホーナー)、田辺(豊治)さんとミーティグを行い、将来のホンダの開発プランについて話し合いました」とコメント。

「実際にはクリスチャンからホンダの将来のプランについて説明してほしいとの要請がありました。それで、我々はマックスにも説明しました。彼の答えは、ホンダは以前に約束していことをやっているというものでした」

「彼の我々に対する信頼は変わっていません」

来年、F1はマックス・フェルスタッペンの母国であるオランダGPの復活が決定している。

F1オランドGPの責任者であるヤン・ラマースは、将来、レッドブルとホンダがさらに強く結びつくことを望んでいると語る。

「ホンダがレッドブルを完全に引き継ぐことを願っている」とヤン・マラースは RacingNews365 にコメント。

「トロロッソもすでに来年は名前を変えることが決まっているし、レッドブルにはタイからの影響もあることを忘れてはならない。アレクサンダー・アルボンが現在あのマシンに乗っているのも恐らく偶然ではないと思う」

一方、ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治は、レッドブルとの現在の関係に満足していると主張する

「私はマクラーレンとのプロジェクトには関与していませんでした。しかし、レッドブルとトロロッソはチームとして非常にオープンであり、エンジニアたちも非常にオープンマインドな人たちばかりです」と田辺豊治は Formule 1 にコメント。

「私たちはここで非常に満足しています」

山本雅史も、ワークスチームを運用することに気を散らすことなく、レッドブルとトロロッソのために良いカスタマーエンジンを製造に専念していると説明した。

「我々はF1では継続性が非常に重要であることを知っています。そのため、我々たちはパワーユニットに5年間取り組んできましたし、なんとか今は良いエリアに到達しているところです」と山本雅史は RaceFans にコメント。

「しかし、今、我々がシャーシをスタートすれば、再び別の苦労をすることになります。我々はそれを望んではいません」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル / マックス・フェルスタッペン