F1 ホンダF1
ホンダF1は、常に表彰台を獲得するためにはメルセデスとフェラーリのギャップを縮めるためにはF1エンジンをアップグレードしていく必要があると考えており、2020年にF1タイトルを狙える信頼性とパフォーマンスを築いていきたいと語る。

前戦オーストリアGPではレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが優勝を達成し、ホンダとして13年ぶりに勝利を挙げることになった。

しかし、ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治は“ようやく本当の意味での一歩を踏み出すことができた”に過ぎず、“さらに戦闘力を上げて戦く”と誓う。

「予選では他とより大きなギャップがありますし、レースでもまだ遅れをとっています」と田辺豊治は Motorsport-total.com にコメント。

「それは次のステップが予選モードか何かになることを意味します。ですが、それは簡単ではありません」

ホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史も「今後も性能と信頼性の向上とバランスを取り続ける」と語る。

山本雅史は「我々はパフォーマンスと信頼性のバランスを取りながら開発を続けていきます。レッドブルをサポートするために今後のアップグレードでもっと改善したいと思っています」とコメント。

F1イタリアGPで投入されるとされるスペック4については「もちろん、来年に向けての見通しも含まれていますが、準備ができたとき 、十分な信頼性とパフォーマンスが得られたと思ったときに使用したいです」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1