F1 ホンダF1
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治が、2019年のF1世界選手権の開幕戦オーストラリアGPの初日の作業を振り返った。

今年からトロロッソに加えて、レッドブル・レーシングにもF1パワーユニットを供給し、2チーム・4台体制で選手権に挑むホンダ。初週末となったメルボルンでも予定通りにプログラムを消化した。

フリー走行2回目ではレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンが3番手、ピエール・ガスリーが4番手、トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトが11番手、アレクサンダー・アルボンが17番手タイムを記録してセッションを終了。4台が30周以上を走行した。

セッション終盤、ピエール・ガスリーが「ノーパワー」と無線で伝えてピットに戻ったが、確認した結果、大きな問題はなく、明日以降のセッションにも影響はないと田辺豊治は説明した。

「2019年のシーズンがスタートしました。開幕戦の初日は、おおむね順調だった先日のウインターテストと同様、ほぼ予定通りにプログラムを消化しました」と田辺豊治はコメント。

「P2の最後にガスリー選手のPUに異常を確認しましたが、確認の結果、大きな問題ではないことが分りました。明日以降のセッションにも影響はありません」

「レースに受けてはあらゆる事態に対応できるよう、もう一度すべてを見直して望みたいと思います。明日以降の予選やレースに向けても、引き続きベストを尽くします」

関連:
F1オーストラリアGP FP2 結果:ルイス・ハミルトンがトップタイム
F1オーストラリアGP FP1 結果:ルイス・ハミルトンがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1 | F1オーストラリアGP