F1 ホンダF1 トロロッソ・ホンダ
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治が、スクーデリア・トロ・ロッソとの2年目のシーズンとなる2019年のF1世界選手権への意気込みを語った。

レッドブル・トロ・ロッソ・ホンダとしてのトロ・ロッソとの参戦初年度となった昨年は、ピエール・ガスリーがバーレーンGPでホンダがF1復帰して以降のベストリザルトとなる4位を獲得するなど、ホンダのF1パワーユニットの改善を示す一年となった。

今年、ホンダはトロロッソのシニアチームにあたるレッドブル・レーシングにもF1パワーユニットの供給を拡大。両チームに完全に同じスペックのホンダ製パワーユニット「Honda RA619H」を巨休する。

2月11日(月)に発表されたトロロッソ・ホンダの2019年F1マシン『STR14』のプレスキットのなかで、トロロッソ・ホンダとしての初年度を振り返るとともに、2019年シーズンの目標について田辺豊治が語った。

Q:2018年を振り返って、シーズンを通してのトロ・ロッソとのパートナーシップについて短くレビューしていただけますか?
ホンダは、2018年にトロ・ロッソとのパートナーシップがうまくいったことに満足しています。初めてグループの人々と仕事をスタートするときは、各グループが他の人々の仕事のやり方に慣れるまでに時間がかかることがあります。しかし、正直に言うと、トロ・ロッソとはすぐに良い方法が見つかりました。それは相互の信頼と尊敬に基づく関係であり、それは今日も続いています。

Q:昨年トロ・ロッソで達成した結果はあなたにとって何を意味しましたか?
コース上でのパフォーマンスに関しては、ピエール・ガスリーがバーレーンで4位に入ったこと、そして、鈴鹿でのホームレースでの予選結果など、いくつかのハイライトがありました。しかし、一般的に、我々のパフォーマンスと信頼性にはいくつかの弱点がありました。しかし、ホンダでは、結果だけでは示されていたよりも進歩したと感じています。我々はシーズンを通して前進しましたし、そこは2019年シーズンのために励みになります。

Q:2019年のパワーユニット(PU)の開発作業を開始したのはいつですか?主にどの分野に焦点を当てましたか?
今年のPUに取り組み始めた具体的な日はありません。なぜなら、レースでは1台の車につき5キロ多くの燃料を使用することが許可されていることを除けば、PUに関するルールに実質的な変更はないので、我々の開発作業は実際に過去1年間行ってきたことの続きです。当然のことながら、冬の間はレースはありませんでしたが、日本とミルトン・キーンズでの仕事は新しいシーズンに備えてステップアップしました。さらに、我々は姉妹チームであるレッドブル・レーシングにも供給するための準備をしなければなりませんでした。レッドル・テクノロジー・グループと協力することで、両方のクルマに関する問題を同時に扱う多くの分野で、そのプロセスを合理化することができました。我々は、ICE、ERS、エネルギーストアなど、PUのあらゆる分野を見てきました。

Q:2019年に2つのチームを組むことは大きな課題になります。ホンダからどれくらいの人がレーストラックで各チームと一緒にいる予定ですか? さらにイギリスと日本からの援助をする予定していますか?
2チームに対応するために、トラックのホンダエンジニアの数はほぼ2倍になります。私は両方のチームとどのように連携するかを監督しながら、F1プロジェクトを統括することになり、各チームはそれぞれ独自のホンダチーフエンジニアを持つことになる。レースの週末とテストの間、我々にはSakuraとミルトンキーンズの両方のMission Controlルームで働いている人々がいます。そして、我々は2つのチームと働くことに対処するためにそこの機能性を強化しました」

Q:両方のチームに同じ仕様のPUを提供する予定ですか?
はい、そうします。それが最も論理的な方法であり、ホンダが最善だと感じている方法です。レギュレーションですべてのチームに平等に供給しなければならないと述べられていることは言うまでもありません。しかし、2つのチームに同じテクニカルハードウェアを提供するだけではありません。我々は運営面と開発面を管理するために割り当てるリソースに関しても等しく扱ってきます。2つのチームは同じファミリーの一員であり、レッドブル・テクノロジーと連携できるため、それは非常に簡単なプロセスです。

Q:2019年シーズンのホンダのターゲットとゴールは何ですか?
いつもの難しい質問ですね! 簡単に言えば、我々の目標は、両チームとも2018年よりも良い結果を達成することです。トロ・ロッソとのパートナーシップに関して、それはコンストラクターズチャンピオンシップでより高い順位でフィニッシュし、より多くのポイントを獲得し、より確実に走り、昨年のバーレーンの結果を繰り返すか、あるいはそれを上回ることさえも目標になります。しかし、現段階では我々は何を期待すべきかわからりません。なぜなら、すべてのスポーツと同様に、我々の結果も相手ができることに左右されるからです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1 | トロロッソ