F1 ホンダF1
ホンダは、F1に復帰してから5年目となる今年、レッドブル・レーシングとトロロッソの2チームへとF1パワーユニット供給を拡大し、「TEAM Honda」として一丸となり、全力で闘っていく。

2015年にマクラーレンのワークスパートナーとしてF1復帰を果たしたホンダだが、1度も表彰台に上がることができぬままパートナーシップを解消。2018年はトロロッソと新たなスタートを切った。

そして、「Scuderia Toro Rosso」に加え、「Red Bull Racing」へのPU供給を開始。2チームへ同一仕様のPUを供給しさらなる進化を図る。

レッドブル・レーシングは、マックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリー、トロロッソはダニール・クビアトとアレクサンダー・アルボンと、平均年齢22.3歳の非常に若いドライバーラインアップで2019年のF1世界選手権を戦う。

ホンダの2019年型F1パワーユニット『Honda RA619H』は、2017年にメルセデス方式に変更したレイアウトを引き継いだ進化版。同じコンセプトでの3シーズン目となり、ホンダのF1テクニカルディレクターを務める田辺豊治も信頼性を大きく改善できると考えている。

「現在のパワーユニットの設計、コンセプトを引き継ぐことができます」とホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治はコメント。

「我々は別のコンセプトでスタートして、2017年にそれを変更しています。以前のものから学んだこともありますし、そこを変更しています。2018年はこのコンセプトを引き継ぎ、信頼性とパフォーマンスを改善させました」

「現時点でこのコンセプトは間違っていないと思っています。適切なコンセプトです。我々はまだこのコンセプトを引き継き、改善させようとしています」

ホンダのモータースポーツ部長を務める山本雅史も、2019年は失敗の許されないシーズンと気を引き締めている。

「パフォーマンス面でまだまだトップと差があることは明らかですし、信頼性の部分でもまだ改善の余地があると思っています」と山本雅史はコメント。

「来季は供給チーム数が増え、失敗が許されないシーズンとなりますし、2月のプレシーズンテストに向けて、現在も各ファクトリーで懸命に開発を続けている状況です」

「今後もトロロッソ、それに来年から新たにパートナーとなるレッドブル・レーシングと手を取り合いながら、さらなる高みを目指して戦いを続けていきます」

チーム名No.ドライバー年齢出身地2018年戦績
Aston Martin Red Bull Racing
(アストンマーティン・
レッドブル・レーシング)
10Pierre Gasly
(ピエール・ガスリー)
22フランスF1
15位
33Max Verstappen
(マックス・フェルスタッペン)
21オランダF1
4位
Red Bull Toro Rosso Honda
(レッドブル・トロロッソ・ホンダ)
23Alexander Albon
(アレクサンダー・アルボン)
22タイF2
3位
26Daniil Kvyat
(ダニール・クビアト)
24ロシア-


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1 | レッドブル | トロロッソ