F1 ホンダF1
本田技研工業とその研究子会社である本田技術研究所は、株式会社IHIと2019年シーズンから2年間にわたるF1レースにおける、ホンダのパワーユニット開発、部品供給に関し、テクニカルパートナーシップ契約を締結いたことを発表した。

本提携により、IHIと、ホンダのパワーユニット開発を担う本田技術研究所 HRD Sakuraは、テクニカルパートナーとしてF1レース車両用パワーユニットのターボチャージャーの開発において、今後、より一層強固な協力体制を構築することで、世界最高峰のモータースポーツの舞台での優勝を共に目指していく。

IHIは、F1でのターボチャージャーの使用が認められていた1984~1988年において、エンジン出力向上の核となるターボチャージャーをホンダに供給し、第2期ホンダ F1レース活動を共に戦い1988年には16戦15勝の輝かしい成績を残した。これらの実績等が評価され、IHIは再びホンダのF1レース車両用パワーユニット向けにターボチャージャーの供給をすることとなり、今回の提携へと至った。

IHIは、テクニカルパートナーとして、F1レース車両用パワーユニットのターボチャージャー開発において、HRD Sakuraと共にコンセプト段階から検討・評価を進め、本パワーユニットが最高のパフォーマンスを発揮できるようIHIの持つエンジニアリング力を駆使して、ターボチャージャーの開発に協力していく。

森山克英
本田技研工業株式会社 執行役員 ブランド・コミュニケーション本部長
「IHIは創業以来、造船や蒸気タービンをルーツとして培った「回転機械技術」に関して、高い技術と専門性を有する企業です。今回の関係強化がHondaのパワーユニットのさらなる性能向上に繋がると考えており、非常に頼もしく感じています。これからも我々の目標である勝利を目指してともにチャレンジを続けてまいりますので、ファンの皆さまには引き続きご声援のほどよろしくお願いします。」

川崎義則
株式会社IHI 執行役員 産業システム・汎用機械事業領域副事業領域長 車両過給機SBU長
「このたび、世界最高のエンジンサプライヤーの一つであるHondaと、世界最高峰のレース活動においてテクニカルパートナー契約を締結できることを嬉しく思います。双方がテクニカルパートナー契約の理念に則り、パワーユニットが最高のパフォーマンスを発揮できるよう,ターボチャージャーの開発を加速させていきます。来シーズン以降、輝かしい戦績を残した第2期Honda F1レース活動のように、IHI製ターボチャージャーを搭載したHonda製パワーユニット搭載車両の活躍に全世界が熱狂するシーズンとなりますことを大いに期待しております。」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1