ホンダ F1 アブダビ
ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介が、マクラーレン・ホンダのF1アブダビGP 決勝を振り返った。

長谷川祐介 (ホンダ F1プロジェクト総責任者)
「2016年最後のレースが終わり、まずは今年一年間がんばってくれたチームの全員に感謝したいと思います。我々が実現できた、昨年からの進化を誇らしく思っています」

「本日のジェンソンのレースは、残念ながら早い時点でのリタイアとなってしまいましたが、本人が望んでいた通りに力強いレース展開ができていたことがよかったと思います。ジェンソンが走れなかった分、フェルナンドが最後までチャレンジングスピリットをみせてくれ、順位を上げようとファイナルラップまでプッシュしてくれていました。波乱もなく、難しいレースで最後にポイントを獲得でき、シーズンの締めくくりとして満足できる結果だと思います」

「また、明日からは早速、来季を見据えた開発活動にフルパワーで挑み、冬季テストではさらなるステップアップを目指したいと思います」

「最後に、ジェンソンは本日をもってF1へのフル参戦からは離れて休養を取るので、レース現場で頻繁に会えなくなるのは本当に寂しくなりますが、本人の方が寂しくなって、いつか戻ってきてくれることを期待しています。ありがとう、ジェンソン!」

関連:F1アブダビGP 結果:優勝はハミルトン、ロズベルグがチャンピオン獲得!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / マクラーレン / F1アブダビGP