ホンダ 2017年 F1エンジン
ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介は、2017年F1エンジンに取り組む専属チームがあることを明らかにした。

今シーズン、ホンダは大きな前進を果たし、メルセデス、フェラーリ、ルノーとのギャップを縮めているが、マクラーレン・ホンダはまだ上位争いに絡むことはできていない。

ホンダは、今年の開発を止めてはいないが、トークンシステムが廃止を含めた2017年のF1レギュレーション変更が明確になった瞬間から専用チームが2017年F1エンジンに取り組んでいるという。

「我々には、今年の初めから来年のエンジンに集中している完全に別のチームがあります」と長谷川祐介はコメント。

「我々にはまだ今年のチームもありますし、もちろん、お互いに情報を交換し合っています」

「そのあと、リソースは来年のエンジンチームに移行されます」

2017年に取り組んでいるチームは徐々に大きくなっているが、今年のエンジンに取り組んでいるスタッフはまだおり、今年後半にはさらなるエンジンアップグレードの導入が予想されている。

ホンダは、まだ開発のための3トークンを残しており、内燃機関の開発に集中している。

ホンダは、エンジンサイクルによってF1日本GP、もしくはF1アメリカGPでアップデートを導入するとみられれているが、それはパフォーマンスと信頼性をどれだけ早く照明できるかにかかっている。

「我々には3トークン残っていますし、まだ7戦あり、あと1基のエンジンを必要としています」と長谷川祐介はコメント。

「我々はあと1つのスペックを導入する機会があります」

「今のところ、我々は内燃機関のパワーのためにそれを導入する予定です」

ホンダは、F1ベルギーGPのアップデートに7トークンを費やした。長谷川祐介はルノーとフェラーリとの“ギャップを縮めた”が、彼らを“捕える”には十分ではないと語る。

ホンダは、いつギャップを縮められるかと質問された長谷川祐介は「来年ですかね」とコメント。

「我々は彼らに追いつこうとしていますが、まだより多くのハードワークが必要です」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / マクラーレン