ホンダF1
ホンダF1チームは、開幕戦オーストラリアGP前にテスを行う準備を進めている。

旧ホンダF1チームの存続に関する正式発表はまだないが、チームは2009年マシンが用意され、チームスタッフはテストに向かう準備を進めるよう指示を受けたようだ。

来週ヘレスで開催される合同テストでマシンを走行させるかは不明だが、遅くとも来月後半バルセロナで行われる最後の合同テストには参加できるようだ。

来週ヘレスで開催される合同テストでマシンを走行させるかは不明だが、遅くとも来月後半バルセロナで行われる最後の合同テストには参加できるようだ。

また、テスト前に英国内でシェイクダウンを行う可能性もあるという。

ホンダからテストの計画に関する正式発表はなく、ホンダの福井威夫社長は、今週はじめにチームの「現実的な買い手」はいないという発言して以来、チームの将来に関する公式ニュースもない。

これまでにも報じられたように、最も可能性のは、チーム代表ロス・ブロウンによるマネジメント・バイアウトだろう。

複数の情報源によると、チームの他の買い手候補は交渉不成立を告げられたとしている。

ロス・ブロウンによるマネジメント・バイアウトは、本田技研による融資、バーニー・エクレストンからのテレビ収入、そしてブルーノ・セナとの契約によるスポンサーシップ収入によって資金を調達するとされる。

ホンダF1チームのCEOのニック・フライがマネジメント・バイアウトに関与しているかどうかは依然として不明であるが、広まっている噂によると彼は買収には関与しないという。しかし、情報筋は、彼のチーム離脱という話題は「憶測」であると語っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1